新成人から吹いた新鮮な風

 4日に美浜町で行われた成人式を取材した。

 男女合わせて73人が出席し、女性は全員振袖に身を包み、男性はスーツやはかま姿で、友人との再会を喜び合い、互いの近況を報告し同窓会の盛り上がり。式が始まると、町長の式辞や来賓の祝辞に真剣に耳を傾けていた。新成人の誓いの言葉では、自身の考えや周囲の人への感謝を話し、生まれ育ったまちを愛し、地域に愛されたことが伝わってくる発表で、しっかりしているなと感心した。会場で見守った両親なども、成長した我が子が誇らしかったことだろう。

 美浜町は中学校が1校なので、成人式に集まるほとんどの人が同じ母校で、連帯感があるのも印象的だった。籔内美和子町長が式辞のなかで「大人として前へ進むには、勇気をもって決断すべき時もあります。その時はこの言葉を思い出してください」と新成人に贈った言葉が素敵だったので紹介したい。「努力は無駄ではありません。努力して結果が出ると自信になる。努力せず結果が出るとおごりになる。努力せず結果も出ないと後悔が残る。努力して結果が出ないとしても経験が残る」。

 自身の成人式以来23年ぶりに見た式だったが、準備をした職員、祝いに駆けつけた議員や学校長、この日を楽しみにしていた家族など、自分のときには分からなかった人たちの思いが感じられ、とてもいい成人式だと思った。

 二十歳になった若者たちは、輝かしい未来に希望が満ち溢れ、人生の節目に着飾った姿はまぶしく、うらやましくもあり、頼もしくもあった。見ているだけで、すっかり忘れてしまった新鮮な風が心に吹き込み、何か新しいことにチャレンジしたくなった。2度目の成人式も過ぎ、何の節目でもないが、新な気持ちで今年も頑張っていこう。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る