愛すべき偉人・奇人たち

 先日の市民教養講座で、作家の荒俣宏氏が「偉人・奇人」の生き方について語った。真っ先に挙げられた偉人は、御坊市ゆかりの作家大佛(おさらぎ)次郎。時代劇「鞍馬天狗」の原作者だ。団塊の世代である荒俣氏の子ども時代、チャンバラごっこでダントツの人気だったという◆講演では、周りと衝突しながら自分の書きたいものだけを書いた姿勢が紹介された。それに関する逸話が、たまたま講演前夜に読んだ「星の文人 野尻抱影伝」にあった。抱影は冥王星の名付け親として知られる天文学者で大佛次郎の実兄。大佛原作の歌舞伎演目で、当時の人気役者十一代市川団十郎(現在の市川海老蔵の祖父)と対立した。大佛の台詞は文学的だが発音しにくく、団十郎が苦言を呈し大喧嘩になったという。その騒動を当時の評論家がこう述べている。「双方限りなく立派だった。それはともに人間としての信念の誠実さと誠実さがぶつかったればこその大ゲンカだったからだ」◆大事なのは自分のやりたいことに没頭する「三昧(ざんまい)の境地」と荒俣氏は観客にもその姿勢を勧めたが、語るご本人もその通りにマイペース。楽しそうにいろんな奇人の逸話を披露し、一番面白い水木しげるとの交友に差し掛かったところで終了時刻に。「えっもう終わり? もうちょっと、もうちょっと」と言いながら、一緒に南方を旅した思い出を駆け足で披露した。「もっと早くその話をしてくれれば」と思った人も多かったかもしれないが、めいっぱい面白い話が聞けたという満足感はあった◆既成の価値観などものともせず、心のままに突き進む偉人・奇人たち。ちまちまと細かいことに気遣わざるを得ない現代社会で、そのような愛すべき偉人・奇人たちが伸び損なうことのないように願いたい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘いですやん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る