広まれ!ナイストライ

 先日みなべ町で開催された梅の里中学バレーの記念講演の講師を務めた、元バレーアメリカ代表セッターでバルセロナ五輪銅メダリストのヨーコ・ゼッターランドさんが、選手に贈った言葉が印象的だった。それは「ナイストライ」。失敗には2つの形があり、ミスしたらどうしようと消極的なときのミス、逆に「よしやってやろう」と積極的なプレーの中で出てしまうミス。積極的なプレーで失敗してしまったチームメイトには、「ナイストライ」と声をかけてあげてほしいといわれていた。とてもいい言葉だ。

 アメリカ生まれ、日本育ちのヨーコさんは中学、高校、大学と日本で厳しい練習の中で力をつけ輝かしい戦績を残した。卒業後、単身アメリカにわたってナショナルチームのトライアウトに合格。アメリカでの練習中に「ナイストライ」の言葉と出会った。練習とはいえ大事な場面でアタッカーがスパイクをアウトにしてしまった。ミスはしてはいけないとたたき込まれていたヨーコさんは、コーチがミスした選手に「ナイストライ」といったときに、積極的なプレーに対してチームメイトを鼓舞する言葉だと気づいたという。

 世界のトップで活躍したヨーコさんが初めて聞いてから約30年経った今も、未来ある子どもたちに贈りたい言葉として選んだナイストライ。体罰や行き過ぎた指導は日本でも少なくなってきているとはいえ、積極的なプレーでのミスでも激しく叱責する指導者はまだいるだろう。勉強でも仕事でも、自分に置き換えれば積極的なプレーには叱責よりもナイストライと言われたほうがやる気が湧く。いろんなシーンでナイストライが聞こえる環境になればいいなと思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る