広まれ!ナイストライ

 先日みなべ町で開催された梅の里中学バレーの記念講演の講師を務めた、元バレーアメリカ代表セッターでバルセロナ五輪銅メダリストのヨーコ・ゼッターランドさんが、選手に贈った言葉が印象的だった。それは「ナイストライ」。失敗には2つの形があり、ミスしたらどうしようと消極的なときのミス、逆に「よしやってやろう」と積極的なプレーの中で出てしまうミス。積極的なプレーで失敗してしまったチームメイトには、「ナイストライ」と声をかけてあげてほしいといわれていた。とてもいい言葉だ。

 アメリカ生まれ、日本育ちのヨーコさんは中学、高校、大学と日本で厳しい練習の中で力をつけ輝かしい戦績を残した。卒業後、単身アメリカにわたってナショナルチームのトライアウトに合格。アメリカでの練習中に「ナイストライ」の言葉と出会った。練習とはいえ大事な場面でアタッカーがスパイクをアウトにしてしまった。ミスはしてはいけないとたたき込まれていたヨーコさんは、コーチがミスした選手に「ナイストライ」といったときに、積極的なプレーに対してチームメイトを鼓舞する言葉だと気づいたという。

 世界のトップで活躍したヨーコさんが初めて聞いてから約30年経った今も、未来ある子どもたちに贈りたい言葉として選んだナイストライ。体罰や行き過ぎた指導は日本でも少なくなってきているとはいえ、積極的なプレーでのミスでも激しく叱責する指導者はまだいるだろう。勉強でも仕事でも、自分に置き換えれば積極的なプレーには叱責よりもナイストライと言われたほうがやる気が湧く。いろんなシーンでナイストライが聞こえる環境になればいいなと思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る