市民教養講座 荒俣さんが大佛次郎語る

 2019年度第4回市民教養講座が18日、御坊市民文化会館大ホールで開かれた。「帝都物語」等で知られる作家の荒俣宏さんが「人生を楽しんだ偉人・奇人」をテーマに語り、「鞍馬天狗」の作者で父が御坊市出身の大佛(おさらぎ)次郎、「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの水木しげるらについて、映像を見せながら紹介した。

 荒俣さんは「私は不思議なものがたくさんある和歌山県が大好きなんです」と昨年も道成寺を訪れたことを話し、「私は団塊の世代なんですが、子ども時代は遊びといえばチャンバラごっこかターザンごっこ。ダントツに人気のあったのが『鞍馬天狗』でした」と、当時大活躍した大佛次郎について語った。

 先祖は宮大工で道成寺の建立にも携わり、「大佛先生は生前に道成寺を訪れ、『ここが先祖がつくった道成寺』と感激していたそうです」と、御坊市でもあまり知られていないエピソードを紹介。それまで時代劇といえばかたき討ちとか型にはまったものしかなかったところ、悪人を次々に倒していく一大ヒーローをつくりあげたのは大きな功績とし、「月光仮面や仮面ライダー、あらゆるヒーロー物の元祖を創ったのが御坊市ゆかりの大佛次郎。これは誇っていいことじゃないでしょうか」と訴えた。

 他の作品「赤穂浪士」「天皇の世紀」についても「四十七士は『忠臣』『義士』と呼ばれ、『浪士』と表現したのは大佛さんが最初。また、明治天皇を主人公に小説を書くなんて誰も考えなかった。好きなことしか書かなかった。こういう人は強い」と、ごみのコレクションに熱中した池田文痴庵、反骨のジャーナリスト宮武外骨、「老人力」を提唱した作家赤瀬川原平らも紹介。最後に「ぼくが知ってる一番の道楽者」と水木しげるとの交友を懐かしそうに語り、「『道楽』は元々仏教の言葉で『道を楽しむ』こと。悟りを開くために修行し努力する、そのこと自体を楽しむ。三昧(ざんまい)の境地です」と、実生活の役に立たなくても好きなものに熱中して人生を楽しむことを勧めた。

写真=大佛次郎ら偉人の生涯を語る荒俣さん

関連記事

フォトニュース

  1. 日ノ岬に色づく2500本の桜

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る