小学生卓球 中津選手が全国大会出場へ

 第17回全国ホープス選抜卓球大会(3月20~22日、秋田県由利本荘市)に出場する和歌山男女選抜のメンバーを決める県予選会が11日、和歌山市の県立体育館補助館で開かれた。男女とも小学3年生以下から6年生以下まで4部門の試合で計5選手を選出。本紙エリア勢では美浜クラブの中津亜蘭選手(川辺西小6年)が6年生以下の部の予選会をトップ通過し、見事選抜入りを果たした。

 全国大会は男女別の団体戦で熱戦を展開。各都道府県単位のチーム(開催地のみ2チーム出場)は、3年生以下、4年生以下、5年生以下1人ずつ、6年生以下2人の計5選手で編成し、5シングルスの予選リーグ、決勝トーナメントなどに臨む。和歌山選抜は男女とも予選会の6年生以下上位2選手、3、4、5年生以下優勝者をメンバーに決定した。

 中津選手は6人の参加があった男子6年生以下の予選会で優勝を飾った。予選リーグを1勝1敗で通過し、決勝リーグでは3―2、3―1、3―0と3勝0敗の快進撃。変化の鋭いサーブと得意のバックハンドで得点を重ね、これまで未勝利だった選手からも白星をマーク。表彰状を手にすると「接戦が多かったが、よく粘れた。今年最初の目標(全国出場権獲得)を達成でき、うれしい」と表情を緩ませた。

 昨年の中体連新人大会で優勝した2歳上の兄の影響と、小学校で月1回行われている卓球クラブの指導者の勧めでラケットを本格的に握るようになったのが5年生の10月。競技歴はまだ1年3カ月ほどだが、メキメキと実力をつけてきた。美浜クラブなどでの週3回の練習のほか、兄らとの自主練にも精力的に取り組み、同クラブの伊藤克之監督も「センスが抜群で、意欲、向上心もある。1年3カ月で県内トップに立つというのはめったにないことだと思う」と目を丸くする成長力を見せている。

 世界ランカー、張本智和選手に憧れ、「将来はオリンピックで金メダル」とでっかい夢を持つ。自身初めてとなる全国大会へ向けては「フォアハンドで強打を打てるように」とさらなる進化を誓うとともに、「まず1勝が目標。和歌山代表の誇りを持って一戦必勝で頑張ってきたい」と闘志を燃やしている。

写真=表彰状を手に中津選手

関連記事

フォトニュース

  1. 基本イメージはこんな感じ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る