唯一無二のこんにゃく地蔵

 先日、こんにゃく地蔵の愛称で親しまれている、印南町樮川の畑峯六地蔵尊で会式を取材した。美山に住む筆者が言うのもなんだが、切目川の支流となる樮川の地域は結構な山奥。大変失礼な話だが、ど平日の会式に人が集まるのかと思っていたが、なかなかどうして、御坊や田辺市から来た人もおり、餅まきになると多くの人でにぎわっていた。

 関係者に話を聞くと、会式は江戸時代から続く伝統行事で、供えたこんにゃくを持ち帰って食べると家内安全や無病息災のご利益があるという。さらに「詳しくは分からないが」という前置きで「昔、供えていたこんにゃくを食べたら病気が治ったことから、いまのような風習になったのではないか」と話していた。そんなこんにゃく地蔵をインターネットで調べると、検索項目の一番トップに出てきた。ほかにこんにゃく地蔵というワードは見つからず、恐らく唯一無二のお地蔵さまだろう。だからこそ、以前は大型バスで団体客が参拝に来るほど、人気があったらしい。

 ネットでこんにゃくに関する寺院についても検索したところ、「こんにゃくえんま」と呼ばれる東京都文京区の源覚寺がヒット。こちらは眼病を患う一人の老婆が、好物の「こんにゃく」を絶って治癒を祈願したところ、えんま大王が身代わりとなって片目を盲目にし、老婆の視力が回復したという話が伝わっており、こんにゃくを供えてご利益を乞う参拝者が後を絶たないという。

 畑峯六地蔵尊と源覚寺ではこんにゃくに関する物語が若干違うが、こんにゃくを通じたユニークな縁で、何か互いの地域交流や観光客誘致につなげられないものだろうかと、ふと思った。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る