印南町長選 現職日裏氏が事務所開き

 2月4日告示、9日投開票の印南町長選に向けて、現職日裏勝己氏(68)=2期・皆瀬川=の後援会が18日、印南地内で事務所開きを行い、支持者ら約500人(主催者発表)が詰め掛けた。

 中村泰介後援会長は「無投票のうわさもあるが、選挙は魔物。準備を万端に整え、いかなる対抗馬が出ようとも必勝を期す陣営で臨もう」とあいさつ。来賓の仁坂吉伸知事後援会の木村雅人事務局長、二階俊博自民党幹事長秘書の二階俊樹氏のあと、日高郡選出の3県議もそれぞれあいさつ。地元の玄素彰人県議は「日裏町長と私の関係は皆さんご承知の通りですが、きょうは応援に来ました。選挙はなさそうで、次の4年間、日裏町長にしっかり頑張ってもらいたい」と激励した。県町村会会長の小谷芳正みなべ町長、日高郡町村会副会長の松本秀司日高町長、印南町議会の堀口晴生議長も祝辞を述べた。

 日裏氏は「2期8年間を振り返ると胸がいっぱい。ご支援本当にありがとうございます」と感謝し、「人口減少や高齢化対策など、これからの印南町をどうつくっていくか。人口対策について印南町では高台に民間の力で宅地整備してもらえるよう、未来投資型の事業をしており、しっかり推し進めていきたい」と意欲。「当選の暁には住民の声をしっかり聞き、まちの発展につなげていくため、死にもの狂いで頑張ることを誓う」と声を張り上げた。後援会青年部の藁科恭平氏の発声でガンバローコールも行った。

写真=ガンバローコールで必勝を期す日裏氏㊥ら

関連記事

フォトニュース

  1. 日ノ岬に色づく2500本の桜

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る