印南の小学校で中学生が先生の防災講座

 印南町、印南中学校3年生の「楽しく学ぶ防災おすそわけ講座」が21日、印南小学校3・4年生を対象に同小体育館で開かれ、児童、生徒合わせて91人が参加した。中学生が〝先生〟となってこれまで自分たちが学んだ防災学習の知識を、小学生に指導。チームごとに車椅子で津波避難の速さを競うなど、ゲーム形式の実践訓練もあり、楽しみながら危機意識を高めていた。

 同講座は中学生にとってはこれまでの防災学習の復習、小学生にとっては先輩との交流を深めながら防災を学ぶ機会にしようと開講。印南中の湯川季咲さん、叢蓮奈さん、湯川陽菜さんが、印南避難センターまで車椅子で避難した時の様子を写真を使って大型スクリーンで紹介し、「道がでこぼこして、坂道も急。車椅子で一人で避難するのは無理で、役場に話して改善してもらうようにしたいと思います」などと発表した。

 学校や地域が取り組む優れた防災教育を顕彰する「2019年度ぼうさい甲子園」で奨励賞を受賞した「太陽傘」の研究についても説明。傘の裏側にミラーフィルムを張り、反射した光の焦点の熱を集めて湯を沸かしたり、料理をしたりする仕組みで、「ある程度まで温度が上がりましたが、まだ改良が必要。小学生の皆さんも中学生になったらぜひ研究してください」と呼びかけた。また、自分たちで考案したお菓子を使った「マカロニグラタン」などのオリジナル防災食も紹介した。

 ゲーム形式の訓練「津波や! 逃げろ」では小学生が3人一組となり、ライフジャケットを身に着けるところから車椅子で障害物に見立てたマットの上を通り、ゴールするまでの時間を計測。車椅子を引っ張るためのロープの結び方やマットの段差を越えるコツなどについて、中学生からアドバイスを受けながら取り組んでいた。走る中学生を津波に見立てて小学生が逃げるというゲームもあり、合計得点で上位を表彰した。

 車椅子のゲームを体験した坂下幸輝君、笹井美咲さん、塩路嵩流君は、「最初はうまくいくか不安でしたが、マットの段差も越えられ、楽しくできました」「もしもの場合は車椅子の方の手助けができれば」などと話していた。

写真=中学生㊨の指導を受け車椅子で避難する小学生

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る