冴え渡る冬の夜空に思う

 20日は二十四節気の大寒、それから節分までが一年で最も寒い「寒の内」。辛抱の足りない筆者は暑さも寒さも苦手だが、寒い時期にはいいこともある。寒ければ寒いほど、夜空は美しい。星々が、黒い夜空に明るく冴え渡って見える◆昨年12月、かわべ天文公園で行われたイベント「星めぐりを奏でる夕べ」で、星の伝承研究室主宰、北尾浩一さんの講演を取材。著書「日本の星名事典」を購入してサインももらった。「星と生きる」と書かれている。北尾さんは星の和名を40年以上研究しており、著書には、オリオンや北斗七星等の各地の呼び名が記される。今の季節よく見えるオリオンの帯の三つ星は「三光」「三連星(みつらぼし)」「三人坊主」や「団子星」、孝行息子が老いた両親を担ぐ姿に見立てて「親担ぎ星」という凝ったのもある。冥王星の名付け親で父が御坊市出身の天文学者野尻抱影は特にオリオンを愛し、91歳の天寿を全うする時「私の骨はオリオンの右側に撒いてくれ」と言い遺したという◆「亡き人の魂が星になる」という考えは世界中にみられる。17日には阪神淡路大震災から25年の節目として、報道番組で特集が組まれ、亡き家族への思いを胸に今を生きる人々の言葉が紹介された◆これまで取材先の方々の訃報に何度か会ってきたが、今月5日他界された元川辺町議会議長、東良一さんは亡父をご存じで、よく声をかけていただいた。夜空で探すなら星というより満月のような、晴れ晴れとした笑顔が忘れられない◆星は人々の生活のリズムを支える天然の時計であり、海上を行く船乗りたちには行く手を見定める重要な指針だった。亡き人々の幾多の思い出は夜空に光る星々のように、地上に生きる我々の指針となってくれるのかもしれない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る