冴え渡る冬の夜空に思う

 20日は二十四節気の大寒、それから節分までが一年で最も寒い「寒の内」。辛抱の足りない筆者は暑さも寒さも苦手だが、寒い時期にはいいこともある。寒ければ寒いほど、夜空は美しい。星々が、黒い夜空に明るく冴え渡って見える◆昨年12月、かわべ天文公園で行われたイベント「星めぐりを奏でる夕べ」で、星の伝承研究室主宰、北尾浩一さんの講演を取材。著書「日本の星名事典」を購入してサインももらった。「星と生きる」と書かれている。北尾さんは星の和名を40年以上研究しており、著書には、オリオンや北斗七星等の各地の呼び名が記される。今の季節よく見えるオリオンの帯の三つ星は「三光」「三連星(みつらぼし)」「三人坊主」や「団子星」、孝行息子が老いた両親を担ぐ姿に見立てて「親担ぎ星」という凝ったのもある。冥王星の名付け親で父が御坊市出身の天文学者野尻抱影は特にオリオンを愛し、91歳の天寿を全うする時「私の骨はオリオンの右側に撒いてくれ」と言い遺したという◆「亡き人の魂が星になる」という考えは世界中にみられる。17日には阪神淡路大震災から25年の節目として、報道番組で特集が組まれ、亡き家族への思いを胸に今を生きる人々の言葉が紹介された◆これまで取材先の方々の訃報に何度か会ってきたが、今月5日他界された元川辺町議会議長、東良一さんは亡父をご存じで、よく声をかけていただいた。夜空で探すなら星というより満月のような、晴れ晴れとした笑顔が忘れられない◆星は人々の生活のリズムを支える天然の時計であり、海上を行く船乗りたちには行く手を見定める重要な指針だった。亡き人々の幾多の思い出は夜空に光る星々のように、地上に生きる我々の指針となってくれるのかもしれない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 基本イメージはこんな感じ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る