二階幹事長の交流団 11日からベトナム訪問

 日越友好議員連盟会長を務める自民党の二階俊博幹事長が5日、御坊事務所で記者会見を行い、自身を団長とする1000人超の日本ベトナム文化経済観光交流団が11日から14日まで、ベトナムを訪問することを報告した。蓮を通じた両国の友好を一層深めようと、フック首相との会談や観光交流シンポジウム、大賀蓮の植栽などを予定。日高高校含む県内6高校の生徒が参加し、青少年交流も図る。

 日本は大賀蓮、ベトナムは国花が蓮という縁で二階氏らが以前から両国の交流を促進。昨年6月にはフック首相が、大賀蓮とベトナム蓮が植栽された紀の川市の「平池」を訪問。今回、返礼としてフック首相から招きを受け、首相の故郷であるクアンナム省やダナンを訪問することになった。

 文化経済観光交流団は自民党の森山裕国会対策委員長、稲田朋美幹事長代行、林幹雄幹事長代理ら国会議員、北海道、山形、新潟県など6知事、経済界の関係者らで結成。12日にフック首相との会談、日本ベトナム交流の夕べ、大賀蓮植栽、13日に観光交流シンポジウム、ベトナム人材活用促進セミナー、フエ副首相による昼食会などがある。和歌山県内からは約200人が参加する。

 高校生は日高、粉河、橋本、神島、熊野、新宮の6校から21人(男2、女19)、うち日高から北村あずみさん(1年)、中西愛さん(同)、右代谷光保さん(2年)の3人が参加。現地でのホームステイ、ダナン市視察、学校交流、在ベトナム大使館訪問なども予定している。

 二階氏はフック首相との会談について「日本に住むベトナム技能実習生がきちんと学んでいけるよう協力することを伝え、さらに多くの若い人材が日本に来るよう呼びかけたい」と意欲。和歌山県内の主力産品の一つ、温州ミカンについては「対ベトナム輸出の解禁を提案したい」との考えを明らかにした。また、「青少年の交流も行うが、若い世代が国と国の友好関係をつないでくれる」と強調。自身の恩師でもある元日高高校教諭で「ハス先生」と慕われた故阪本祐二氏についても「生物の授業で蓮について熱心に教えてくれたことを思い出す。その蓮が外交に大きな役割を果たしてくれている。高校時代、巡り会えたことをいまも心の中で大切にしている」と述べた。

写真=ベトナム訪問に意欲をみせる二階氏

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る