トップの価値と意味

 2020年オリンピックイヤーが幕開け。大会では33競技が予定されており、日本人選手の金メダル獲得に大いに期待している。なぜ、金メダルなのか。分かりやすい話があるので紹介したい。

 先日、後輩記者に「日本一高い山は?」「甲子園で一番ホームランを打った選手は?」と質問してみた。日本一の山は誰もが知る「富士山」であり、甲子園通算最多本塁打記録保持者の強打者はPL学園の清原和博。この2つの答えは新聞記者でなくとも、ほとんどの人が知っているだろう。では、次の問い。日本で2番目に高い山、2番目にホームランを打った選手はどうか。(正解は、南アルプスの北岳と、PL学園・桑田真澄、上宮・元木大介、広陵・中村奨成の3人)。よほど山や高校野球に興味がある人でない限り、的中させることは難しい。すなわち、トップと2位との差は大きく、金メダルには思っている以上に価値、意味があるということ。有名なスパコン事業仕分けで「2番じゃだめなんですか」と発言した政治家もいたと記憶に残るが、実際は2番では記憶に残りにくいと言わざるを得ないのだ。

 野球のトレーナーを取材したとき、子どもたちに「高い目標を持て」とハッパをかける光景が見られた。日本一を狙わないと甲子園出場すらかなわないし、メジャーを目指すくらいでないと日本のプロ野球にも入れない。常に上を目指してこそ、成長し続けられると話を続けていた。1番を志す意味がここにもあるように感じる。

 五輪は参加することに意味があるなんて言葉は、大会が終わった後に言えばいい。アスリートでなくても、常に頂を目指す心意気を持って、今年1年を過ごしたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る