トップの価値と意味

 2020年オリンピックイヤーが幕開け。大会では33競技が予定されており、日本人選手の金メダル獲得に大いに期待している。なぜ、金メダルなのか。分かりやすい話があるので紹介したい。

 先日、後輩記者に「日本一高い山は?」「甲子園で一番ホームランを打った選手は?」と質問してみた。日本一の山は誰もが知る「富士山」であり、甲子園通算最多本塁打記録保持者の強打者はPL学園の清原和博。この2つの答えは新聞記者でなくとも、ほとんどの人が知っているだろう。では、次の問い。日本で2番目に高い山、2番目にホームランを打った選手はどうか。(正解は、南アルプスの北岳と、PL学園・桑田真澄、上宮・元木大介、広陵・中村奨成の3人)。よほど山や高校野球に興味がある人でない限り、的中させることは難しい。すなわち、トップと2位との差は大きく、金メダルには思っている以上に価値、意味があるということ。有名なスパコン事業仕分けで「2番じゃだめなんですか」と発言した政治家もいたと記憶に残るが、実際は2番では記憶に残りにくいと言わざるを得ないのだ。

 野球のトレーナーを取材したとき、子どもたちに「高い目標を持て」とハッパをかける光景が見られた。日本一を狙わないと甲子園出場すらかなわないし、メジャーを目指すくらいでないと日本のプロ野球にも入れない。常に上を目指してこそ、成長し続けられると話を続けていた。1番を志す意味がここにもあるように感じる。

 五輪は参加することに意味があるなんて言葉は、大会が終わった後に言えばいい。アスリートでなくても、常に頂を目指す心意気を持って、今年1年を過ごしたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る