アマモボールに期待

 先日、講師を招いて新技術や防災について聴く和高専・次世代テクノサロン(和高専地域活力支援研究会主催)を取材した。講師は和歌山高専生物応用科学科の楠部真崇准教授が務め、微生物の力で砂を固めるバイオセメントを活用した環境にやさしい藻場の再生方法を説明した。

 藻場とは海草や海藻などの群落のこと。海水を浄化する作用があるほか、エビや小魚のすみかとなっている。そんな海の環境や漁業のために必要な藻場だが、近年は海水温の上昇などで減少が続いており、それに伴い、漁獲高の減少にもつながっているという。

 藻場の復活へはさまざまな取り組みが行われているが、コストや環境面などからうまくいっていないのが現状。そんな中、楠部教授は海底の砂と微生物を使ったセメントで海草のアマモの種子を入れた直径2㌢程度の球体「アマモボール」を開発。海の上から簡単にまくことができ、セメントは時間とともに自然に戻っていく。水槽実験では成功し、現在は実際の海の中で試験中だが、成功すれば手軽で環境にやさしいアマモの再生方法として期待される。

 アマモなどの海草は目にする機会も少ないため、あまり関心を持っていなかったが、調べてみると樹木などでCO2削減を目指す「グリーンカーボン」に対し、海中で吸収する「ブルーカーボン」の海洋生物の一つとして期待されている。

 海洋国家である日本にとって海洋資源を守っていくことは使命であり、その活動は世界の温暖化防止にもつながっていく。そんな取り組みの一つが日高地方のアマモボールから始まり、世界に広がっていくことを期待したい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る