ひだか病院の産婦人科デイルーム好評

 御坊市薗のひだか病院で、7階産科・婦人科・小児科病棟の改修が昨年末に完了し、入院患者らに好評を得ている。産前・産後の精神的なケアに対応しようと、妊産婦がくつろげるデイルームを新たに設置。お母さんが赤ちゃんや家族とリフレッシュする温かい光景が見られている。

 病院を管理運営する御坊市外五ヶ町病院経営事務組合(管理者=柏木征夫御坊市長)が進めていた工事。昨年9月中旬に着工、先月下旬に完成した。

 デイルームは4人部屋1室を改修、広さは約28平方㍍。中央と南向きの大きな窓の前にテーブルと椅子が置かれ、明るく温もりが感じられるスペースが広がっている。赤ちゃんを寝かせられる畳のスペースも用意。入院中の妊産婦が病室から出て気分転換したり、面会の家族らと過ごしたりしているほか、看護師の相談や退院指導の場になっている。

 窓から望む景色もきれいで、朝日、夕日を見るという人も。赤ちゃんを産んだ20代の女性も「面会に来た家族と一緒にご飯を食べるときに使わせてもらいました。きれいで明るくて、気持ちがいいですね」とほほ笑んでいた。

写真=妊産婦らがくつろぐデイルーム

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る