青い海図画コンクで小池さんに第5管区本部長賞

 海上保安庁が小中学生を対象に募集した第20回「未来に残そう青い海」図画コンクールで、第五管区海上保安本部(神戸市)の受賞者が決まり、中学生の部で日高地方から日高附属1年、小池麻央さん(13)=御坊市=の作品=写真=が五管区の表彰では最高の本部長賞を獲得。小池さんは小学5年から3年連続の入賞で、今回はきれいな海にサンゴや魚と人を描き、「海の中と人間の世界をつなげ、仲良くやっていこうという思いを込めました」と喜んでいる。

 コンクールは、将来を担う子どもたちが海洋環境について考える機会として、海洋環境保全思想の普及や海上保安業務への理解と支援の促進を目的に、2000年度から毎年開催。「未来に残そう青い海」をテーマに、小学生低学年(1~3年)、同高学年(4~6年)、中学生の3部門で、美しい海の必要性を想像させる図画作品を募集した。五管区で2838点、全管区で3万1145点が寄せられ、五管区から海上保安庁表彰の特別賞(国土交通大臣賞)と海上保安協会会長賞を各1点、五管区表彰の本部長賞、海上保安協会神戸地方本部長賞を各部門1点ずつ、うみまる・うーみん賞を2点ずつ選出。7日に神戸市で表彰式が行われた。

 小池さんは青い海の中を水彩絵の具でカラフルに表現。美しい珊瑚礁、ウミガメ、マンタや魚と潜る人を描いた。受賞に「これまで最高の賞でよかったけど、次はもっと上の(海上保安庁表彰の)賞を獲りたい」とにっこり。「過去と比べて海にごみやプラスチックが増えて、魚が過ごせなくなっているというニュースを見ました。魚がすみやすいよう人間がごみを減らし、きれいな海にしていかないといけない」と思いを語った。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る