言葉の力を信じる心

 御坊ライオンズクラブ主催、日高地方子ども暗唱大会を取材した。今回で9回目を数える。第1回の取材時を思い起こすと、もうそんなになるかと驚く。当時小学生で優秀賞を受けた森山栞奈さんはその後も好成績を上げ、今回は高校生として司会進行の大役。通り一遍のあいさつでなく状況に応じて適切な言葉をかける、見事な司会ぶりだった◆2015年の大会では当日朝、シリアでジャーナリストの後藤健二さんが犠牲となった事件が報道された。谷川俊太郎の詩「くり返す」の暗唱で「命はくり返せないと、くり返さねばならない」と叫ぶような力強い声が、理不尽な暴力に抗するように胸に響いたのを覚えている。そして5年近く経った今、またも異国で人々に尽くしていた日本人が犠牲になる事件が起こった◆書店で画家の安野光雅著「皇后美智子さまのうた」が目に入り、皇室ファンの母に買おうと手にとった。開いた途端「中村哲は」という文字が目に飛び込み「はっ」とした。美智子さまがアフガニスタンの旅を詠んだ歌「バーミアンの月ほのあかく石仏は御顔削がれて立ち給ひけり」の解説の中で、医師中村哲氏が紹介されていた。「彼を慕ってアフガニスタンまで働きに来た伊藤和也が何者かに殺された。しかし、中村哲は『人は愛するに足る』と信じ、使命感を持ってアフガニスタンにとどまった」。何年も前の本をたまたま手に取ってこんな記述に出会い、不思議な気がした。中村氏は今月4日、当地で武装勢力に襲われ亡くなった◆「言葉の力」が心を動かすという経験。その積み重ねが、理不尽な暴力をも凌駕する場面がきっとある。暗唱大会という取り組みによってまかれた種が、「言葉の力を信じる心」として強靭に育っていくことを願っている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る