自分自身も働き方改革

 ことし話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」に選ばれたのは、「ONE TEAM」。大躍進したラグビー日本代表のスローガンで、過去には個人的にしっくりこない言葉が大賞になることもあったが、ことしは納得した。6カ国の海外出身者が入り混じった日本代表は「ONE TEAM」を合言葉に結束を強固なものにした。響きといい、内容といい、素晴らしい言葉だと思う。ラグビーを通じてスポーツの楽しさを改めて感じた人も多かったろう。来年は東京五輪。さらにスポーツ熱が過熱して盛り上がることを楽しみにしたい。

 流行語というわけではないが、個人的にことし最も耳にした言葉の一つが、働き方改革。昨年ごろからよく使われるようになったが、最近は自分自身でもよく口にするし、日本全体が改革に向けて動き出しているのを感じる。政府は副業を推進しており、副業時代ともいわれるようになってきた。ひと昔前では考えられないことだが、古い考え方から脱却し、新しいことを取り入れることは絶対に必要。人手不足が年々深刻になっている中、少しでも働きやすい環境づくりはますます企業の必須となっていくだろう。

 和歌山県は、年末の仕事納めの日に恒例として行われてきた知事の訓示を今年から廃止するという。年末に有給休暇を取りやすくするのが狙いで、まさに働き方改革のお手本だといえる。無駄を省き、限られた時間の中でいかに効率よく仕事をするか。一日の中にもまだまだ不必要なことはあるのではないだろうか。変えてはいけないもの、変えなければならないもの。その見極めが、働き方改革の第一歩。年末で忙しくなる中、あらためて見つめ直したい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る