美浜の語り部ジュニア カナダ訪問を報告

 美浜町地方創生事業「日の岬・アメリカ村の再生とふるさと教育」の一環で、今年8月にカナダを訪問した語り部ジュニア養成教室「Let’s KATARIBE」のメンバーらが22日、町地域福祉センターでカナダ使節団報告会を開き、地域住民ら約80人が訪れた。

 語り部ジュニアは特定非営利活動法人日ノ岬・アメリカ村(小薮清信理事長)主催で、昨年春から約20人の児童、生徒が英語と三尾地区のカナダ移民の歴史などを学び、外国人観光客などのガイドができるようレッスンを重ねてきた。その集大成としてカナダを訪問し、現地の多くの日系人と交流、これまで学習したことを伝えた。途絶えかけていた三尾との交流をつなぎ、次の世代へと引き継ぐ使節団としての役目を果たした。

 報告会では、カナダ滞在中に訪れた場所や出会った人などを紹介。使節団のメイン行事だった、パウエル村(かつての日系人のまち)で行われた日系人祭り「パウエル祭り」で、現地の人たちに三尾のカナダ移民の歴史を伝え、房州音頭を一緒に踊って交流した様子を動画や写真で発表。このときのプレゼン用に撮影したストーリー仕立てで美浜町や三尾の見どころを紹介する動画も披露した。語り部ジュニアは、これまでの活動を通して「人前で話すことや英語に自信が持てるようになった」「たくさんの人とのつながりを感じた」「言葉の壁は厚いが、越えようとすれば越えられると感じた」などと一人一人感想や思いを発表した。

 同法人の理事で使節団団長の柳本文弥さんは、講師や地域住民など協力を得た多くの人に感謝し「出会った人の分だけ子どもたちは成長できた。1期生が活動を終える来年3月までの3カ月間で、これまでの活動の成果を形あるもので残したいと考えている」と話した。

写真=カナダでの活動を発表する語り部ジュニア

関連記事

フォトニュース

  1. 数に限りはありますが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る