総合格闘技 入田選手が初防衛

 総合格闘技「チーム日高」(垣内義秀代表)所属で和歌山病院勤務の入田和樹さん(33)=日高川町入野=が1日、福岡県で開催された格闘技イベント「Dream Gate10」のヘビー級防衛戦で勝利し、王座を守った。

 Dream Gate10は国際チャクリキ協会武湧会が主催。昨年6月の前回大会で王者を倒して初の防衛戦に臨んだ。今回はトリの14試合目、大会のメインとして挑戦者の大道翔貴選手(32)=岡山・チームTED=と対戦。試合はキックボクシングのルールで3分5ラウンドで行われた。

 総合格闘技のリングは昨年のタイトルマッチ以来だったが、磨きをかけてきた得意の右ストレートがさく裂し、試合開始のゴングから約1分で1回目、その約1分後に2回目のダウンを奪った。残り30秒を切り、KO勝利を決める3回目のダウンを取った。

 超満員の会場では和歌山県内外から駆け付けた50人を超える応援団も入田さんを後押し。「日高振興局で1ラウンドKO勝ちを約束していたので、どうしても勝たないといけないという思いでした。相手の攻撃はガードの上からでも重くて効きましたが、下がらず前に出る自分のスタイルで戦えました。両親や支援してくださる関係者の皆さんに感謝です」と有言実行の防衛成功に笑顔を見せ、「他団体のプロデューサーら著名な方が多く来られていてオファーもいただきました。来年はいろんな大会でチャンピオンベルトを獲れるように頑張りたい」と一層の活躍も期していた。

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る