日高川のササユリ 復活へ再挑戦

 日高川町初湯川地内で、ササユリを復活させようとの再挑戦が始まった。2014年秋、国内最長の「ふじ棚ロード」に続く観光スポットとして、日本一の花の里を目指して活動をスタート。当初は順調だったが、昨年の開花時期にイノシシの食害を受け、2年連続でかれんな薄ピンクの花がほぼ見られなかった。花の里整備に取り組んできた地元住民らのグループでは獣害対策を講じて3日に再出発し、2年ぶりとなる球根植えで約1000個を定植した。

 ササユリの里づくりに取り組んできたのは農家、町、JAなどで組織する日高川町ササユリ普及育成協議会(三原康弘会長)。14年秋から17年秋までリフレッシュエリア美山の里森林公園ふじ棚ロード入り口付近に毎年1500個以上の球根を植えてきた。活動開始後、初開花となった15年の6月ごろには1000輪を超える花が楽しめたが、3年目ごろからイノシシの食害が目立ち始め、昨年は壊滅状態。有効な対策を考えられなかったため同年秋の球根植えを中止し、今年も花がほとんどなかったという。

 森林公園内は安全や景観への配慮で電気柵を設置できない。これまでの防鳥ネットなどの対策で効果を上げられない中、協議会では「場所の移動」を検討し、イノシシが立ち入れない、球根を掘り返せないと思われるブロック壁のスペースに目を付けた。

 ブロック壁はふじ棚ロードのすぐ近くにあり、同ロードや美山温泉愛徳荘に通じる美山産品販売所東約30㍍の町道沿いの斜面に設置されている。高さ約50㌢、空洞に土が入れられている各ブロックは上部をプランターとして活用でき、地理的に問題ない、午前中に日当たりがよく生育にも適しているとして、ササユリ復活再挑戦の場所に決めた。

 ブロックが最大で9段、30㍍ほどにわたって積み上げられた壁にはこの日、協議会の会員や県、町職員ら7人が1時間半かけて1000個ほどの球根を植えた。観光客が見やすく、「インスタ映えスポット」になるよう目線より上の位置に多めに植えるなど、考えながら作業した。

 球根が順調に育てば、フジのシーズン終了後の5月下旬から6月にかけて花が咲く見通し。三原会長は「2年連続で花がほとんど咲いていない中、気にしてくれたり楽しみにしてくれている人たちがいます。そういう人たちの思いも込めて球根を植え、来年こそ花を咲かせたい」と新たな試みに大きな期待を寄せていた。

写真=ブロック壁に球根を植える会員ら

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る