思いやりと目的意識

 今月22日に南山スポーツ公園野球場で開かれた、町体育協会トップアスリート招へい事業「野球教室」で、美浜町出身、中日ドラゴンズの岡田俊哉投手(28)が講師を務めた。午前中の小学生の部では技術面以外にも、ためになる話やアドバイスがあった。

 「どんな一流選手でも大事にする」というキャッチボールについては「投手はボールを4球投げられる。でも、内野手、外野手は(セーフになるようなボールを)1球も投げられない」と、その大切さを分かりやすく説明。だから手を抜かず練習しなければならないと強調していた。一番心に残ったのは、どこを目掛けて投げるかの話のとき。野球を始めると必ず「相手の胸へ」と教えられるが、そればかりではなく「捕りやすいところ」「次に投げやすいところ」を狙うのが重要と指摘。投げる相手がどういう態勢、状況なのかなど「相手のことを考えて」、つまり思いやりの心も持たなければならないと言いたかったように思う。以前、「キャッチボールは相手の胸ではなくハート(心)へ」という言葉を聞いたことがあり、多分同じ意味であろう。これは他のプレーにも通じる心構えだ。

 「毎日素振りをしている人」には「努力は、かけた時間や回数ではない」と訴え、何も目的意識がないのならば「時間をつぶしただけ」とダメだし。何も考えていない100回より、何かのためにやる10回。技術向上には後者の方が近道で、どんな練習でも目的意識が必要と説いた。

 思いやりと目的意識。この2つは野球だけでなく普段の生活にも必要であり、地元球児にとっては今後の成長につながる有意義な年末になったのではないだろうか。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る