思いやりと目的意識

 今月22日に南山スポーツ公園野球場で開かれた、町体育協会トップアスリート招へい事業「野球教室」で、美浜町出身、中日ドラゴンズの岡田俊哉投手(28)が講師を務めた。午前中の小学生の部では技術面以外にも、ためになる話やアドバイスがあった。

 「どんな一流選手でも大事にする」というキャッチボールについては「投手はボールを4球投げられる。でも、内野手、外野手は(セーフになるようなボールを)1球も投げられない」と、その大切さを分かりやすく説明。だから手を抜かず練習しなければならないと強調していた。一番心に残ったのは、どこを目掛けて投げるかの話のとき。野球を始めると必ず「相手の胸へ」と教えられるが、そればかりではなく「捕りやすいところ」「次に投げやすいところ」を狙うのが重要と指摘。投げる相手がどういう態勢、状況なのかなど「相手のことを考えて」、つまり思いやりの心も持たなければならないと言いたかったように思う。以前、「キャッチボールは相手の胸ではなくハート(心)へ」という言葉を聞いたことがあり、多分同じ意味であろう。これは他のプレーにも通じる心構えだ。

 「毎日素振りをしている人」には「努力は、かけた時間や回数ではない」と訴え、何も目的意識がないのならば「時間をつぶしただけ」とダメだし。何も考えていない100回より、何かのためにやる10回。技術向上には後者の方が近道で、どんな練習でも目的意識が必要と説いた。

 思いやりと目的意識。この2つは野球だけでなく普段の生活にも必要であり、地元球児にとっては今後の成長につながる有意義な年末になったのではないだろうか。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る