増えるセルフサービス

 5歳の長女と一緒にスーパーへ行くと、お会計は必ずセルフレジでしたいとねだられる。店員にやってもらう方が早くて世話がないのだが、急いで帰る理由もないためほとんどの場合は付き合っている。商品によって付いているところが全然違うバーコードを探し当て、センサーにかざすという作業がそんなに面白いのだろうか。とにかく値段を読み取り終えてはレジ袋へ入れる、それを何回でも楽しそうに繰り返していくので、これも社会勉強の一つとあまり手助けもしないで見守っている。スーパー側にすれば少しでも人手を減らすことにつながるだろうし、セルフを目当てにくる子ども連れのお客さんが増えるかもしれない。メリットはあっても損はないシステムであろう。

 人手不足、それに加えてAI(人工知能)やIT技術の進歩に伴い、セルフサービスはいろんなところで導入されるようになってきた。最近ではエステもセルフの店舗があると聞き、少しびっくり。どんな仕組みかというと、お客さん自身がエステのマシーンを操作し、自分を美しくするそうだ。人件費がかからない分、料金が安くなり、人気を呼んでいるという。以前からあるサービスでも、提供の仕方をひねるだけで新たなビジネススタイルになるのだから非常に面白い。

 テレビで取り上げられていたセルフビジネスはエステのほか、敷布団洗いと家の建築。家の建築はDIYブームに乗ったアイデアで、これからまだまだ需要が増えてくる可能性がありそうだ。

 世の中にはいろんなセルフがあるが、記事は「読者のセルフで」とはいかない。師走の忙しいときでもしっかり取材し、記事を書きたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る