地方に50兆円のビジネス

 みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会と東京大学がコラボして、地域循環共生圏と世界農業遺産を考えるシンポジウムが県民文化会館であった。㈱三菱総合研究所理事長で東京大学第28代総長の小宮山宏さんの「プラチナ社会~2050年の地域社会の姿を考える、共に創る」の講演が興味深かった。今後、日本が向かうべきは自給社会だと提唱し、とくに地方にとっては明るい未来が待っている内容だった。記事では掲載できなかったので、紹介したい。

 世界の車の台数やビル建設が飽和状態となり、鉄の需要が飽和することで2050年には世界の鉄鉱山がつぶれる▽今後、新しい発電所は太陽光や風力など再生可能エネルギーに変わる。これまでの地下資源(金属資源と化石資源)が今後、再生可能エネルギーと都市鉱山に置き換わる。地下資源のない日本にとってこんないいことはない。エネルギー、鉱物資源、食料、木材など輸入総額は年間約30兆円。これが国内産業に変わる。地方には50兆円の産業が生まれる▽木材需要が増え始めている。最大のネックだった耐火性をクリアしたことで、純木造の10階建てのビルがすでに10棟発注されている――など。今後、地方にビジネスが生まれるだろうと。

 人生100年時代、小宮山さんが東京で丸の内プラチナ大学を開講すると、現役引退後の30~35年をどう生きるか考えるサラリーマンがたくさん来ているという。逆参勤交代と名づけた各地方に行っていろんな働き方を探す人がたくさんいるという。この話だけでも地方には大きなチャンス。1次産業の担い手不足、観光など抱える課題の解決は、地方と都市のつながりが糸口になりそう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る