口コミが最大のPR

 先日、和歌山高専など主催のテクノサロンでネット、SNSを活用した販路拡大をテーマにした講演を聞いた。フェイスブックやツイッターなどを活用して自身の事業をPRしていくことなどで説明があった。ユーザーに関心を持ってもらって来店してもらい、さらに他者へ推奨してもらうことで営業活動につなげていくというもの。印象的だったのは「企業の発信情報は友人のランチ情報にはかなわない」という一文だ。

 確かに企業が発信する情報には自社の製品の良いところを中心にPRする場合が多く、実際に参考になるのはユーザーの生の声だ。よくインターネットショッピングを利用するが、そこでも参考になるのがユーザーレビュー。特に衣類など、ネットでのサイズ選びが難しい商品では、レビューで購入者が自身の身長と体重を記載した上で着用感などを記している。家電製品などでも商品説明に書かれている力が十分に発揮されていないことや、他の商品と比較したりするなど有用な情報が多い。商品選びをする中でレビュー数の多さは重要なポイントになる。

 一方でレビューも100%信用できるとは限らない。送料無料や粗品贈呈などを条件に数を稼ぐのはまだいいとして、最近は数百のレビュー自体を捏造している場合もある。また高評価にするためにサイト管理者が料金の支払いを要求するなど、レビューの信頼度に不安を感じる報道もある。

 一部でそういうこともあるが、一般ユーザーのレビューや口コミが、商品や店探しをする上で重要なのは間違いない。日高地方にも良い商品やサービスがたくさんある。本紙でもフェイスブックを開設しているので、どんどん発信していき、地域活性化につなげていきたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 基本イメージはこんな感じ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る