印南でかつお節削りイベント

 印南町地域資源活用推進委員会(中村泰介委員長)のかつお節体験型観光ワークショップが8日、印南漁港駐車場で行われ、町内外の家族連れら125人が参加した。

 同委員会では「かつお節発祥の地」のブランド力を生かした魅力発信拠点づくり計画を進めており、その一環でかつお節削りの体験型観光メニューを開発しようと、今回初の実証実験。かつお節削りではかび付けされた「本枯鰹」が使われ、ヒノキより堅いかつお節を削るのに苦闘する参加者もいたが、手のひらでぐっと固定するなどすぐにコツをつかんで削っていた。

 文化協会の坂下緋美会長からは、かつお節を考案した角屋甚太郎、製法を鹿児島に伝えた森弥兵衛、千葉・伊豆に伝えた印南與市の印南漁民三人衆についての講話もあった。

 昼食ではかつお節のだしで作った豚汁、だし巻き玉子などを試食し、日本のだし文化を堪能。

 豚汁にはかつお節やシイタケ、ネギ、ご飯には真妻わさび、南高梅、食べるかつおポン酢、ダルマ醤油など、自分でトッピングできるサービスもあり、好評だった。

 友達同士で参加した丸川洋行君(岩代小5年)と井本蒼真君(湯川小2年)は、「かつお節は堅かったけど、手に少し力を入れるようにするとうまく削れました」とにっこり。家族4人で参加した日高川町千津川の清水豊一さん(34)は、「普段することのない経験ができました。料理にトッピングできるのもおもしろかった」と話していた。

 同委員会では「参加者からアンケートも取っており、喜んでいただけた声が多かった。これを基に例えばバス会社とコラボするなどし、印南町に来ていただける体験型観光のメニューを開発していきたい」などと、手応えをつかんだ様子だった。

写真=かつお節削りを体験する参加者

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る