北出病院の根来さん 認定訪問療法士に

 御坊市の社会医療法人黎明会北出病院リハビリテーション科に勤める理学療法士の根来拓弥さん(31)が、訪問リハビリのエキスパートとされる、日本訪問リハビリテーション協会の認定訪問療法士に認定された。訪問リハビリは、病院で行う急性期のリハビリと違い、日常生活の自立支援に重点を置いているのが特徴。根来さんは「もっと多くの方に訪問リハビリについて知ってもらい、さらに良質なリハビリを提供していきたい」と話している。

 訪問リハビリは、病院で行う急性期や回復期のリハビリの出前と思われがちだが、実際は生活期のリハビリに位置付けられ、退院直後の患者らの自立をサポートするのがメイン。できないことを手伝うのではなく、できないことをできるようにするサービスが求められており、根来さんはこのような訪問リハビリをもっと多くの人に知ってもらおうと、認定訪問療法士に挑戦した。

 同療法士は社会に貢献できる優良な訪問リハビリの人材育成・確保を目的に、協会がスタートさせた制度。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のいずれかの資格を持ち、5年以上の実務経験などの要件がある。根来さんは基礎、技術、応用の研修を受け、これまでの訪問リハビリの事例と実績をレポートで提出。大腿骨を骨折した患者が、訪問リハビリによって歩く能力が向上するとともに、新たにさまざまな趣味に取り組むようになった事例などをまとめ、書類審査をクリアした。同療法士の認定を受けているのは今年8月1日現在、全国で624人。

 同療法士に認定されたからといって特別なことができるわけではないが、訪問リハビリの中心的存在であり、質の高いサービスを提供するリーダーとして期待される。根来さんは、「リハビリで能力が向上して『こんなことができるようになったよ』と言ってもらったり、リハビリを〝卒業〟(終了)して生活されていたりするとうれしく、それが一番のやりがい。悪くなる前、予防の段階で相談してもらえれば。介護予防を含む訪問リハビリの需要は今後ますます増加してくると思われます。知識、技術ともに日々精進し、良質なリハビリを提供できるように頑張りたい」と話している。

写真=認定証を前に根来さん

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る