北出病院の根来さん 認定訪問療法士に

 御坊市の社会医療法人黎明会北出病院リハビリテーション科に勤める理学療法士の根来拓弥さん(31)が、訪問リハビリのエキスパートとされる、日本訪問リハビリテーション協会の認定訪問療法士に認定された。訪問リハビリは、病院で行う急性期のリハビリと違い、日常生活の自立支援に重点を置いているのが特徴。根来さんは「もっと多くの方に訪問リハビリについて知ってもらい、さらに良質なリハビリを提供していきたい」と話している。

 訪問リハビリは、病院で行う急性期や回復期のリハビリの出前と思われがちだが、実際は生活期のリハビリに位置付けられ、退院直後の患者らの自立をサポートするのがメイン。できないことを手伝うのではなく、できないことをできるようにするサービスが求められており、根来さんはこのような訪問リハビリをもっと多くの人に知ってもらおうと、認定訪問療法士に挑戦した。

 同療法士は社会に貢献できる優良な訪問リハビリの人材育成・確保を目的に、協会がスタートさせた制度。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のいずれかの資格を持ち、5年以上の実務経験などの要件がある。根来さんは基礎、技術、応用の研修を受け、これまでの訪問リハビリの事例と実績をレポートで提出。大腿骨を骨折した患者が、訪問リハビリによって歩く能力が向上するとともに、新たにさまざまな趣味に取り組むようになった事例などをまとめ、書類審査をクリアした。同療法士の認定を受けているのは今年8月1日現在、全国で624人。

 同療法士に認定されたからといって特別なことができるわけではないが、訪問リハビリの中心的存在であり、質の高いサービスを提供するリーダーとして期待される。根来さんは、「リハビリで能力が向上して『こんなことができるようになったよ』と言ってもらったり、リハビリを〝卒業〟(終了)して生活されていたりするとうれしく、それが一番のやりがい。悪くなる前、予防の段階で相談してもらえれば。介護予防を含む訪問リハビリの需要は今後ますます増加してくると思われます。知識、技術ともに日々精進し、良質なリハビリを提供できるように頑張りたい」と話している。

写真=認定証を前に根来さん

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る