何が出るか、究極の玉手箱

 「来年のいまごろ、はやぶさ2が地球に持ち帰ってくる物質はどんなものなのか。これまでに見たどの隕石とも違う気もする。それによって何が分かるのか分からない。これは科学に大事な『なぜ』の究極のかたちであって、期待度は100%です」。

 8日に開かれた日高高校同窓会全員総会で、約10年前にはやぶさが小惑星イトカワから持ち帰った物質を分析したチームの1人、同校出身の圦本尚義北海道大教授がはやぶさ2のサンプルリターンについて、興奮を抑えきれない様子で話されていた。

 はやぶさ2は2014年12月に打ち上げられ、約4年半後の18年6月、火星と木星の間にある小惑星リュウグウに到達した。9月には天体の表面を移動、観測する探査ローバーを投下し、世界で初めてとなる小惑星への着陸、移動、写真撮影を成功させた。

 今年2月、1回目のタッチダウン(接地)を行い、表面の岩石のサンプル採取に成功。4月にはよりフレッシュなサンプルを得るため、地表に弾丸をぶつけて人工クレーターの造成に成功。さらに7月、2度目のタッチダウンとサンプル採取に成功した。

 地球からの距離はざっと2憶8000万㌔、光速でも15分かかるという。そんなはるかかなたへ探査機を到達させるだけでも想像を超えるが、ひとつ間違えば290億円の事業費と10年の苦労が一瞬にして灰塵に帰すプロジェクトメンバーの緊張感たるや、どれほどのものか。

 地球生命の起源の手がかりを教えてくれると期待されるはやぶさ2。圦本教授はいまやそれ以上に、何が分かるのかさえ分からないことの方がエキサイティングだという。科学者として究極の玉手箱、それを最初に開ける地球人になるのかもしれない。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る