一楓の小畑さん ソムリエ試験に合格

 御坊市湯川町小松原の飲食店「旬菜kitchen一楓(いっぷう)」のオーナー小畑久仁子さんが、一般社団法人日本ソムリエ協会のソムリエ試験に合格した。近年の合格率が30%未満といわれる難関を見事突破。資格保有者は日高地方に数人しかおらず、「まだまだスタートラインに立ったばかり。もっとワインの魅力を広めたい」と話している。

 小畑さんは飲食店での勤務を経て、2007年11月に一楓をオープン。自分が飲むのも好きで、店でもワインを提供するなか、2、3年前、「渋いワインを持ってきて」という注文に応じたところ、後から「甘かったね」と言われ、ソムリエ資格を取得しようと思うきっかけになった。

 今年3月から、猛勉強を開始。午後11時の閉店後、毎日午前4時まで励んだ。試験は8月に基礎知識筆記の第1次、10月にテイスティングの第2次、11月にサービス実技の最終第3次。9日に合格通知が届き、27日に認定証とバッジが送られてくるという。

 店のワインは自ら酒屋で仕入れ、日ごとに変えて、常に20本以上を取りそろえる。気軽に楽しんでもらえるようグラスでも提供しており、合格に「めっちゃうれしいです。好きだからこそできたのですが、諦めず勉強した甲斐がありました」とにっこり。「何でもお尋ねください。この料理に合うワイン、このワインに合う料理というふうに、レパートリーも増やし、もっと多くの人に親しんでもらいたい。それが商売繁盛につながれば」と声を弾ませた。

写真=ワインボトルを手に小畑さん

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る