一楓の小畑さん ソムリエ試験に合格

 御坊市湯川町小松原の飲食店「旬菜kitchen一楓(いっぷう)」のオーナー小畑久仁子さんが、一般社団法人日本ソムリエ協会のソムリエ試験に合格した。近年の合格率が30%未満といわれる難関を見事突破。資格保有者は日高地方に数人しかおらず、「まだまだスタートラインに立ったばかり。もっとワインの魅力を広めたい」と話している。

 小畑さんは飲食店での勤務を経て、2007年11月に一楓をオープン。自分が飲むのも好きで、店でもワインを提供するなか、2、3年前、「渋いワインを持ってきて」という注文に応じたところ、後から「甘かったね」と言われ、ソムリエ資格を取得しようと思うきっかけになった。

 今年3月から、猛勉強を開始。午後11時の閉店後、毎日午前4時まで励んだ。試験は8月に基礎知識筆記の第1次、10月にテイスティングの第2次、11月にサービス実技の最終第3次。9日に合格通知が届き、27日に認定証とバッジが送られてくるという。

 店のワインは自ら酒屋で仕入れ、日ごとに変えて、常に20本以上を取りそろえる。気軽に楽しんでもらえるようグラスでも提供しており、合格に「めっちゃうれしいです。好きだからこそできたのですが、諦めず勉強した甲斐がありました」とにっこり。「何でもお尋ねください。この料理に合うワイン、このワインに合う料理というふうに、レパートリーも増やし、もっと多くの人に親しんでもらいたい。それが商売繁盛につながれば」と声を弾ませた。

写真=ワインボトルを手に小畑さん

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る