マラソンは手軽なスポーツ

 師走に入った。気温が下がるこの時期になると、各地でマラソンや駅伝が行われる。先日も大阪マラソンが開催され、抽選で選ばれた市民ランナーら3万2000人が駆け抜けた。芸能人らの姿もみられたほか、仮装して出場する選手も。日高地方でも馴染みのある種目で、各地で大会が開かれ、寒空の下でも楽しみながら健脚を競う姿がみられる。

 「もう年だから長距離を走るのはムリ」と考える読者もいるかもしれないが、大会の参加者には意外と中高年者が多い。加えて学生時代に陸上部だったというのではなく、働き始めてから趣味でマラソンを始めたという人が多いのではないだろうか。先月に新宮市と那智勝浦町で開催された天空ハーフマラソンで入賞した日高地方のランナーに走り始めたきっかけを尋ねてみると、「数年前に自宅から勤務先まで走ってみたら案外走れたので、練習して大会に出場するようになった」という60歳代の男性もいた。

 大学時代に長距離選手だった知人は「ハーフ程度なら大半の人が、練習次第で完走することができる」と話していた。ポイントは大会には制限時間が設けられているから、ウオーキングよりも少し速いペースで無理せずにゆっくり走ること。練習は走り続けられる時間を少しずつ伸ばし、最終的には2時間程度を走り続けることができるようにすることだという。

 走ることは健康を維持するには効果的。マラソンはシューズさえあれば、1人で好きな時間に行うことができる最も手軽なスポーツといえるだろう。大会の出場はともかく、焦らず自分のペースで、体調を考えながら挑戦してみてはいかがだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る