バナナブームが到来?

 情報番組でちらっと見た画面に「10年ぶりのバナナブーム」とあった。10年前にそんなブームがあったことも、今現在そんなブームが起こっていることもまったく知らなかったが、バナナは幼少時から大好物である◆いろいろ調べて、10年前のバナナブームとは「朝バナナダイエット」のことか、と思い至った。「朝食にバナナと常温の水を摂るだけ」という簡単なダイエット方法。ポイントは①バナナの豊富な水分と食物繊維で便秘解消②ビタミンB群とカリウムで代謝促進、むくみ解消③比較的安価で食べやすく、続けやすい◆実は、このところ毎日、自分でも「バナナ中毒か」と思うぐらい何本もおいしく食べ続けていた。読書のお供にスナック菓子をつまむという悪しき習慣が、一時は克服したのにまた復活しており、「塩分摂りすぎはカリウムを摂れば解消するはず」と積極的に食べ始めた。2本や3本では足りず、一日5、6本ぐらい平気で食べてしまう。果糖の摂りすぎかもしれないと、今度は糖分の吸収を抑えるというお茶を毎日がぶ飲み。そんな矢先「バナナブーム」の文字を見たのだった◆「バナナ 食べすぎ」で検索すると、「一日3本以上食べると高カリウム血症、尿管結石の恐れ」などが見つかって憮然。尿管結石はとても痛いらしいから嫌だなと思ってさらに調べると、原因となるシュウ酸をカルシウムが取り除くので、乳製品と一緒に食べればよいらしいと知って一安心◆要するに、なんでも過ぎたるは及ばざるが如し。調べるまでもなく当然だが、改めて調べたことで憑き物が落ちたように「一日2本までにしておこう」と心に決められた◆ちなみに「バナナブーム」とは、「タピオカの次はバナナジュースが来そうだ」という意味だったらしい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る