バナナブームが到来?

 情報番組でちらっと見た画面に「10年ぶりのバナナブーム」とあった。10年前にそんなブームがあったことも、今現在そんなブームが起こっていることもまったく知らなかったが、バナナは幼少時から大好物である◆いろいろ調べて、10年前のバナナブームとは「朝バナナダイエット」のことか、と思い至った。「朝食にバナナと常温の水を摂るだけ」という簡単なダイエット方法。ポイントは①バナナの豊富な水分と食物繊維で便秘解消②ビタミンB群とカリウムで代謝促進、むくみ解消③比較的安価で食べやすく、続けやすい◆実は、このところ毎日、自分でも「バナナ中毒か」と思うぐらい何本もおいしく食べ続けていた。読書のお供にスナック菓子をつまむという悪しき習慣が、一時は克服したのにまた復活しており、「塩分摂りすぎはカリウムを摂れば解消するはず」と積極的に食べ始めた。2本や3本では足りず、一日5、6本ぐらい平気で食べてしまう。果糖の摂りすぎかもしれないと、今度は糖分の吸収を抑えるというお茶を毎日がぶ飲み。そんな矢先「バナナブーム」の文字を見たのだった◆「バナナ 食べすぎ」で検索すると、「一日3本以上食べると高カリウム血症、尿管結石の恐れ」などが見つかって憮然。尿管結石はとても痛いらしいから嫌だなと思ってさらに調べると、原因となるシュウ酸をカルシウムが取り除くので、乳製品と一緒に食べればよいらしいと知って一安心◆要するに、なんでも過ぎたるは及ばざるが如し。調べるまでもなく当然だが、改めて調べたことで憑き物が落ちたように「一日2本までにしておこう」と心に決められた◆ちなみに「バナナブーム」とは、「タピオカの次はバナナジュースが来そうだ」という意味だったらしい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る