スポ少バレー 南部が2年連続全国へ

 第17回全国スポーツ少年団バレーボール交流大会の女子県代表決定戦が8日、海南市の拝待体育館で開かれ、南部が見事優勝。3月27日から岐阜県で開催される全国大会に2年連続10回目の出場を決めた。南部は練習を重ねてきた攻めのサーブと3人のアタッカーが次々とスパイクを決め、粘り強いレシーブ力も発揮して強豪を撃破した。

 夏のスポ少県大会上位12チームが出場権を得て、1枚の全国切符を争う大会。当日2チームが棄権し、10チームがトーナメントを戦った。

 2回戦からの南部は粉河を2―0で下すと、準決勝は印南はまゆうとの地元対決。第1セットを21―19で先取したが、第2セットは13―21で取り返され、最終セットも手に汗握る接戦となったが、15―12で振り切った。

 決勝はおぐら(和歌山市)と対戦。今シーズンは一度も勝てていない相手で、第1セットを20―22で落とす苦しい展開。第2セットはエースでセンターの長瀬、レフト庄司、ライト火縄の3人のアタッカーが本領を発揮し、21―15で取り返すと、最終セットは立ち上がりから長瀬のサーブで6連続得点を決めて勢いに乗り、15―6で栄冠を手にした。

 石上貴一監督は「結果を求めるのではなく、思い切ってぶつかるチャレンジ精神で臨み、武器であるサーブで攻め、みんなでつないでコンビバレーで得点する南部らしいバレーを発揮できたことが全国大会につながった」と選手をたたえ、「全国大会は県代表としての自覚を持ち、勝ち負けよりも元気いっぱいのプレーで見ている人に感動を与える試合をしたい」と話した。

 日高勢では、印南はまゆうが1回戦で三輪崎、2回戦で下津を破り、準決勝で南部と接戦を演じたが、一歩届かなかった。名田ソレイユは1回戦で耐久を破ったが、2回戦でおぐらに敗退した。

 南部のメンバーは次の皆さん。

 石上貴一(監督)、石井尚之(コーチ)、竝木正明(マネジャー)、長瀬日鞠、築山奈那世、中田夕貴、庄司妃華、塩路里葉、火縄友基、岩﨑優月、小谷梨央、辻本莉子、東柚香、久保綾芽、中山梨夢

写真=2年連続10回目の全国出場を決めた南部のメンバー

関連記事

フォトニュース

  1. ファイト! 冷たい水の中をのぼってゆけ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る