ぼうさい甲子園 日高高校が特別賞

 学校や地域が取り組む優れた防災教育を顕彰する「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)の受賞校・団体が決まり、日高高校が特別賞の「URレジリエンス賞」を受賞。地域ぐるみで行ってきた防災訓練が評価された。ほか、印南中学校も奨励賞に選ばれ、両校とも来年1月12日、神戸市で表彰される。

 今年度は小学生、中学生、高校生、大学生、特別支援学校・団体の5部門に計118校・団体の応募があり、グランプリをはじめ各賞が選ばれた。

 日高高校は2014年、高校主体としては県内で初めて地域を巻き込んだ防災訓練を実施。同校の生徒、附属中生のほか、周辺住民や小学生、保育園、幼稚園児らも対象とし、計1000人以上が同校の3階以上の教室に避難。避難後は、煙体験や段ボールを使った間仕切り、避難所運営ゲームなどで、防災についてのさまざまな体験ができる防災スクールを実施した。取り組みは15年以降も毎年実施しており、継続的な取り組みも評価された。

 同校は「地域の皆さんと一緒に取り組んできたことがこのように評価されて、大変うれしく思っています。これからも引き続き実施していきたい」と話している。

 印南中では3年生が防災学習に取り組み、太陽光を集めて湯を沸かしたり、料理をしたりする「太陽傘」の研究が評価された。傘の裏側にミラーフィルムを張り、反射した光の焦点の熱を利用。すばる望遠鏡などの開発に携わったエンジニア福寿喜寿郎さん(兵庫県)の指導を受けながら試行錯誤し、350㍉㍑入りアルミ缶の水を約15分で沸騰させることに成功。従来のソーラークッカーなどに比べ短時間で沸くメリットがあるという。

 担任の浦千寿さんは「身近な傘を使って環境や防災を考えるいい機会になりました。研究はまだ道半ばで、次の3年生に引き継いでいってほしいです」と話している。

写真=日高高生と園児らが合同で避難(写真は2017年11月)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る