24日 初の和歌山県人会世界大会

 ふるさとを離れた人たちが郷土への誇りを高め、移民の歴史に対する県民の理解を深めることを目的に、初の和歌山県人会世界大会が24日、県民文化会館などで開催される。ブラジル、アメリカなどの海外県人会、東京や東海の国内県人会から約450人が集い、記念式典には一般参加者、来賓を含め約2000人が参加。25日からは県内3コースのふるさと巡りツアーも行われ、美浜町三尾のアメリカ村にも46人が訪れる。

 24日の記念式典は県民文化会館で午後4時から。アルゼンチン、ブラジル、東部カナダ、メキシコ、パラグアイ、ペルー、南加(南カリフォルニア)、シアトルの8つの県人会ほか、ニューヨークや韓国で暮らしている和歌山出身者も含め海外から約280人、国内は在京、東海、京都などの県人会から約170人が参加。各県人会への顕彰楯の贈呈、大会宣言、田辺市出身の植芝盛平が創始した合気道の演武、移民の歴史紹介映像の上映などが行われる。終了後の記念コンサートは「島唄」等のヒットで知られる元THE BOOMの宮沢和史をメインに、和歌山児童合唱団、星林高校吹奏楽部も出演する。

 25日から27日にかけては、海外県人会のメンバーが紀北、紀中、紀南の3コースに分かれて県内各地を訪問。紀中コースは美浜町にゆかりのある東部カナダ県人会の一行を中心に46人(平均年齢76歳)が参加し、25日は美浜町三尾(アメリカ村)のカナダミュージアム、御坊市の日高高校などを訪問。夜は美浜町の旧三尾小学校で地元主催の歓迎会が開かれ、語り部ジュニアの発表などが行われる。

 仁坂吉伸知事は「ねんりんピック(開会式)の坂本冬美さんの歌『ただいま故郷(ふるさと)』にもあったように、海外でふるさとを思いながら頑張ってこられた人たちが和歌山へ帰ってくる。世界各地の同胞と交歓、県民とも交流し、県人会の人たちも私たち県民も互いに喜び、励みになる絶好の機会になるだろう」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る