高校サッカー 南陵は全国へ一歩届かず

 第98回全国高校サッカー選手権和歌山大会の決勝戦が17日、紀三井寺公園陸上競技場で行われ、和歌山南陵が和歌山工と対戦。南陵は前後半を通じてボール支配率で和工を上回り、決定機を何度も作ったが、堅守に阻まれて決めきれず0―1で惜敗。目標だった全国大会出場に一歩及ばなかったものの、創部4年目で初の決勝に進出するなど磨き上げた技術とチーム力で躍進した。

 南陵は前半開始早々から速いパス回しやロングボールで次々と前線へ配球。FW江川や川邊らを中心に両サイド、中央突破と厚い攻撃力で攻め込み、MF春日の強烈なミドルシュートも枠をとらえたが、相手キーパーの好セーブや堅守に阻まれ、ゴールネットを揺らせないまま。逆に前半終了間際の39分、ワンチャンスを決められ、0―1で折り返した。

 後半も何度も好機を演出。ゴール前でキーパーと1対1になったり、連続コーナーキックからゴール前で何度もシュートを放つ場面もあったが決めきれず。ロスタイムに入っても攻撃型布陣で攻め込んだが、得点を奪えないまま無情のホイッスル。ほとんどの選手がピッチで泣き崩れてなかなか起き上がれず、悔しさをにじませていた。

 宮口大輝主将(3年)は「悔しいという言葉しか出てこない」と目を真っ赤にし「3年間サッカーに没頭し、寮生活など厳しさや苦しいことも多かったが、やってきてよかった。自分たちだけではここまでこれなかった。支えていただいた多くの人に感謝したい。来年は後輩たちにぜひ優勝してほしい」と全国出場の目標を託した。羽畑公貴監督は「チャンスは作れたが、決めきれなかった。2年生にはいい経験と自信になったと思うので、来年のこの決勝の場に戻ってきて、絶対に優勝したい」とリベンジを誓っていた。

 大会の優秀選手に南陵からDF土居奨真、DF百々昌良、FW川邊海人、FW江川公亮、DF宮口大輝の5選手が選ばれた。

写真=ゴール前に攻め込みシュートを放つ南陵の江川選手

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る