香港の現実が見えないか

 議会とは敵意と嫉妬が渦巻き、人間の最も凄まじい闘争本能が凝縮した場だ――。というのは元大阪市長橋下徹氏の現職時代の言葉。議会も役人も自らの既得権益に関する問題は冷静な議論ができず、最後は橋下氏らしく選挙という戦に打って出た。

 首長と議会の対立といえば、以前、担当した町もそうだった。選挙に勝って当選を果たした新首長に対し、議員が問題の経緯をただし、責任を追及するのは当然の姿ではあるが、あまりのしつこさに首をかしげることも少なくなかった。

 米国では大統領選が1年後に迫り、民主党がトランプ大統領に関する新たな疑惑を持ち出した。ウクライナが進める汚職捜査に絡み、同国の大統領に電話で圧力をかけたというのだが、その圧力とは次の米国大統領選の民主党の第1候補(オバマ政権時の副大統領)と息子に関する不正の捜査を求めたという話。民主党にはとんでもないブーメランがかえってきた。

 国内では閣僚の失言、辞任、桜を見る会で野党が攻勢を強めている。花見主催者の安倍首相は「すべての費用は参加者の自己負担で支払われた」とし、公選法や政治資金規正法など法的問題はないと説明。攻める側も旧民主党の鳩山首相時に開かれた同じ会に出席しており、構図は米国と同じ。

 本来の政策論争、その実行力ではまるで相手にならない野党以上に、地上波テレビのニュース解説や新聞など、いわゆるオールドメディアと国民感覚のズレが恐ろしい。

 香港ではいまこの瞬間も、若者が自由と民主主義を守るため、命がけで中国共産党独裁政権と戦っている。日本は国会議員とマスコミの底知れぬ敵意と嫉妬心が政治を混乱させ、国家を危うくしている。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る