話題尽きない印南駅

 何かと話題となる印南町のJR印南駅。日高新報でも何度も取り上げているが、愛嬌のある結構リアルなカエルのオブジェや自由に弾けるピアノなどを設置。相当なインパクトがあり、テレビ朝日の「珍衝撃映像バラエティー ナニコレ珍百景」で珍百景に登録されたのもうなずける。

 ちなみにカエルは6体あって、みんなを温かく「む(6)カエル」というまちの心意気を表現。そして、印南駅の外に出ればまちのシンボルとなっているかえる橋がど~んと目に飛び込んでくる。なぜ印南とカエルがマッチしたのか。一見、滑稽に見えつつも、郷愁漂う不思議な魅力を持っているように感じるし、まちの奇抜な発想力と思い切りのよさには、いまさらながら感心させられる。全国的にも何かと住民の行政に対するチェックの目が厳しくなっているいまの時代では、かえる橋をつくるのはなかなか難しいだろう。

 まちのフロンティア精神が功を奏したのか、印南駅やかえる橋を見に来る人は絶えない。駅のピアノの上には「来訪者ノート」が置かれている。観光客らが自由に書けるノートで、「千葉から電車に乗ってきました。カエルかわいい」「毎週日曜日に孫と電車で来ています」「生まれ故郷に久々に来ました」などがずらり。ほかにも奈良や京都、四国から来たというメッセージもあり、全国的にファンがいることをうかがわせている。

 そんな印南駅では1日からイルミネーションの点灯が始まり、また一つ話の種が増えた。いろんな色に変化していき、なかなかきれい。この冬場には、地元住民や観光客を明るく温かく出迎えるまちの玄関口となるよう期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る