話題尽きない印南駅

 何かと話題となる印南町のJR印南駅。日高新報でも何度も取り上げているが、愛嬌のある結構リアルなカエルのオブジェや自由に弾けるピアノなどを設置。相当なインパクトがあり、テレビ朝日の「珍衝撃映像バラエティー ナニコレ珍百景」で珍百景に登録されたのもうなずける。

 ちなみにカエルは6体あって、みんなを温かく「む(6)カエル」というまちの心意気を表現。そして、印南駅の外に出ればまちのシンボルとなっているかえる橋がど~んと目に飛び込んでくる。なぜ印南とカエルがマッチしたのか。一見、滑稽に見えつつも、郷愁漂う不思議な魅力を持っているように感じるし、まちの奇抜な発想力と思い切りのよさには、いまさらながら感心させられる。全国的にも何かと住民の行政に対するチェックの目が厳しくなっているいまの時代では、かえる橋をつくるのはなかなか難しいだろう。

 まちのフロンティア精神が功を奏したのか、印南駅やかえる橋を見に来る人は絶えない。駅のピアノの上には「来訪者ノート」が置かれている。観光客らが自由に書けるノートで、「千葉から電車に乗ってきました。カエルかわいい」「毎週日曜日に孫と電車で来ています」「生まれ故郷に久々に来ました」などがずらり。ほかにも奈良や京都、四国から来たというメッセージもあり、全国的にファンがいることをうかがわせている。

 そんな印南駅では1日からイルミネーションの点灯が始まり、また一つ話の種が増えた。いろんな色に変化していき、なかなかきれい。この冬場には、地元住民や観光客を明るく温かく出迎えるまちの玄関口となるよう期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る