経験と教訓で判断力を養おう

 今月5日は、「世界津波の日」だった。これに合わせ世界の各地で避難訓練などが実施され、県内でも南海トラフ地震など大規模災害に備え、県、市町、自衛隊、海上保安庁、県警、消防、災害派遣医療チーム、通信会社など約130機関が参加し、関係機関と連携した救助活動などを訓練。迅速な初動対応と災害対応力の強化を図った。

 筆者が担当する美浜町でも、町内一斉や松洋中学校の避難訓練が行われ、取材した。松洋中は、学校も一時避難場所所に指定されているが、どこで被災するかわからないということで、避難先の選択肢を増やすため、近隣の避難場所である松原地区高台、和歌山病院、西山を毎年順番に訓練の避難先に決め、卒業までに3カ所の避難場所を確認できるようにしている。今年は西山に避難したが、津波到達までの時間を踏まえ、襲来するエリアを避けた安全なコースの検討など、教職員と町の防災企画課の職員がよりよい訓練になるようにと協力していた。万が一のときパニックになっても、一度でも行ったことのある避難場所が近くにあれば、落ち着きを取り戻し、避難先を思いつくことができるだろう。

 経験はきっと役に立つが、もっと養わなければいけないは、個々に判断する力ではないだろうか。東日本大震災の津波でも「逃げる」「逃げない」という選択で、生死が分かれたという話をよく耳にする。今年は関東で台風や大雨による河川の決壊、越水が多発し広範囲が浸水。車で避難中に被害に合った人も大勢いた。避難時の車使用についても再検討が必要なことを多くの犠牲で教えてくれている。これまでの災害の教訓をもって、人任せにせず、日頃から自分はどう行動すべきか考えておくことが必要だ。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか上手やん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る