目標に向かう人は美しい

 今年の県内ビッグイベントねんりんピックが12日に閉幕。「あふれる情熱はじける笑顔」をテーマに和歌山では初開催で、9市12町で27種目の競技が繰り広げられた。競技以外にも、様々な関連イベントが行われ、全国から延べ約40万人が訪れたという。関連イベント「地域文化伝承館」に、筆者が担当する美浜町から、老人会女性部が参加。その前後を取材し、とても感銘を受けた。

 地域文化伝承館は、老人クラブなどが日頃から取り組んでいる健康・生きがいづくりや地域の文化、芸能などの発表の場で、ステージに県内の23団体、展示に12市町が参加した。美浜町老人会女性部は、展示部門では1年前から準備を始め、笑顔がかわいい「まつりん」のぬいぐるみを編み上げ、65体を並べ町の特産や魅力をPR。ステージでは、町オリジナルの健康体操「まつりん&ぼっくりん体操」を披露。何度も練習したが、全員の息が合わず、本番で緊張するとどうなることかと事前の取材で聞いていたが、当日のステージ上では一糸乱れぬ動きを見せ、脇で見守っていた部長も感動で涙が出たという。これまで頑張ってきたことや本番での完全燃焼の話を聞かせてもらいながら、とてもキラキラしていて素敵だなあと思った。美浜町には水泳でメダルを獲得した選手もおり、こちらは大会後、別件の取材でお会いしたが、やはりとても輝いていた。そしていずれも関わった人に感謝する気持ちが伝わってきて、素晴らしいと思った。

 目標を持ち、努力を続けることはむずかしいが、その先にはこんな素敵な笑顔があるのだと今更ながら実感。ねんりんピックの意義はまさにそこにあって、当事者でないとわからない感動がたくさん生まれたことだろう。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る