由良町観光協会が外国人モニターツアーを実施

 由良町観光協会(山名実会長)主催のモニターツアーが16日から1泊2日の日程で行われ、国内在住の外国人が町内の寺院を見学、海上クルーズなどを体験した。外国人旅行者のニーズを調査し、受け入れ環境の強化や誘客の推進につなげる目的。参加した外国人は好印象で、「インバウンド向けの観光につなげることができるのでは」という意見も聞かれた。

 中国、リトアニア、ベトナム、ロシア、台湾、アメリカ、韓国、ドイツの8カ国計15人が参加。

 初日に訪れた興国寺ではゆら語り部クラブの岡﨑八郎さん(81)、角本幸夫さん(77)、川端邦男さん(70)の3人が虚無僧の衣装を着てガイドを務め、境内の見どころを案内。外国人も虚無僧の深編笠(ふかあみがさ)を被るなどして日本文化に触れた。

 海上クルーズ体験は神谷漁港から2隻の船に分かれて出航。途中、タイの養殖いけすでエサやりを体験したほか、海面を赤く染めるきれいな夕日に感動した。宿泊した民宿では日本料理を満喫。2日目は門前でミカン狩り体験、白崎海洋公園散策を楽しんだ。

 参加者からは「私は中国の内陸で生まれたので、海はとてもきれいだった」「日本の文化や生活が体験できた。旅館の宿泊では日本料理も味わえた」などと好印象。留学生として5カ月前から東大阪に住んでいるというロシア人のユーシュ・マリアさん(19)は、「興国寺は東洋的な雰囲気で、建物の中も素晴らしかった」と感想を話していた。

 山名会長は「全体的に喜んでもらえたし、いろんな意見も聞くことができた。今後の誘客の参考にしていきたい」と話していた。

写真=神谷沖でクルーズを楽しむ外国人

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る