生活習慣改善で健康に

 健康診断の結果が届き、「γ―GTPが上昇しています。精密検査をお勧めします」とあった。γ―GTPは肝臓由来の酵素で、肝臓や胆道に障害がある場合、過剰な飲酒、脂肪肝で数値が上昇するという。周りの人に話すと、お酒を飲む人たちから「わいも」という声がちらほら。「毎年やで」という人もいたが、下戸の筆者にとってアルコール以外の原因があるのは明らかで、怖くなって病院に行ってきた。

 血液やエコーの検査があり、医師に言われたのは「脂肪肝」。ネットで調べると、脂肪肝は肝臓に中性脂肪がたまった状態で、そのままにしておくと、肝臓の血液循環が悪くなって病気になり、さらに肝硬変や肝がんへと進行することがあるそう。また、お酒の飲み過ぎが肝臓に悪いことは一般的に知られているが、食べ過ぎが原因のケースも多く、アルコールを飲まない人の方が危険とも。非アルコール性脂肪肝の予防や改善には、食をはじめとする生活習慣の改善が求められる。

 食生活の改善では脂っこいもののほか、糖質に注意とある。白ご飯、麺類、粉もの、パン…。調理前、夫婦2人でご飯は1合半、パスタなら3束、そうめんは5わの用意がないと心もとない。何不自由なく育ててもらったと前置きした上での話だが、おかずだけを食べると「『ちん』(おやつ)にせず、ご飯も食べなさい」と言われて大きくなり、かなりつらいところである。

 信頼できる健康運動指導士の友人は「摂取カロリーも大事だけど消費カロリーも増やそう。一日20~30分の運動を心がけて」と言ってくれた。健康診断の結果、ほかにも「肥満度」「BMI」「腹囲」「総コレステロール」「中性脂肪」「血糖」の数値が「赤」。まずは減反政策ならぬ「減米の施行」と運動を心がけたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る