生活習慣改善で健康に

 健康診断の結果が届き、「γ―GTPが上昇しています。精密検査をお勧めします」とあった。γ―GTPは肝臓由来の酵素で、肝臓や胆道に障害がある場合、過剰な飲酒、脂肪肝で数値が上昇するという。周りの人に話すと、お酒を飲む人たちから「わいも」という声がちらほら。「毎年やで」という人もいたが、下戸の筆者にとってアルコール以外の原因があるのは明らかで、怖くなって病院に行ってきた。

 血液やエコーの検査があり、医師に言われたのは「脂肪肝」。ネットで調べると、脂肪肝は肝臓に中性脂肪がたまった状態で、そのままにしておくと、肝臓の血液循環が悪くなって病気になり、さらに肝硬変や肝がんへと進行することがあるそう。また、お酒の飲み過ぎが肝臓に悪いことは一般的に知られているが、食べ過ぎが原因のケースも多く、アルコールを飲まない人の方が危険とも。非アルコール性脂肪肝の予防や改善には、食をはじめとする生活習慣の改善が求められる。

 食生活の改善では脂っこいもののほか、糖質に注意とある。白ご飯、麺類、粉もの、パン…。調理前、夫婦2人でご飯は1合半、パスタなら3束、そうめんは5わの用意がないと心もとない。何不自由なく育ててもらったと前置きした上での話だが、おかずだけを食べると「『ちん』(おやつ)にせず、ご飯も食べなさい」と言われて大きくなり、かなりつらいところである。

 信頼できる健康運動指導士の友人は「摂取カロリーも大事だけど消費カロリーも増やそう。一日20~30分の運動を心がけて」と言ってくれた。健康診断の結果、ほかにも「肥満度」「BMI」「腹囲」「総コレステロール」「中性脂肪」「血糖」の数値が「赤」。まずは減反政策ならぬ「減米の施行」と運動を心がけたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る