毎日農業記録賞 大藪さんと山本さんが優秀賞

農や食、環境への思いや体験をつづる第47回毎日農業記録賞(毎日新聞社主催、JA全中など協賛)が発表され、県内から一般部門で御坊市熊野の農業大藪和晃さん(36)の「価値あるもの」、高校生部門で南部高校3年、山本葉月さん(18)=田辺市=の「将来につなぐ商品開発」が優良賞に選ばれた。大藪さんは施設栽培、山本さんは加工品づくりなどを通して魅力ある農業への思いを文章に込めた。

大藪さんは、8年間勤めたJA紀州中央(現JA紀州)を退職し、30歳で就農。40㌃の鉄骨ハウスで、ハウス内の環境を一元管理、制御するシステムを導入してミニトマトを栽培。「100年後に生き残れる農業」を目指し、生産性の向上や安定供給のための設備投資、家族の犠牲で成り立つ家族農業から脱却を図る組織体系づくりに現在取り組んでいる。そうすることで自身が「価値がある」と考える時間を捻出し、視察や勉強会などに出かけ、知識を蓄え、新しい仲間に出会ったり、家族、友人との関係を大切にしていることなどをつづった。

受賞については「将来生き残るために必要な競争力を評価してもらえたとうれしく思う。家族の協力に頼らない、職業としての農業を確立することが目標なので、まだまだ道半ば。子どもが継ぎたいと思える『価値あるもの』を作り上げ、かっこいい農業を実現したい」と笑顔を見せた。

山本さんは祖父母が農業をしており、食と農園科に興味を持ち、進学先に選んだ。1年のとき、トウモロコシ栽培を通じて生育の楽しさと、台風の影響で収穫できず農業の難しさも経験。2年では地域を元気にするためにUME―1グルメ甲子園に挑戦して商品開発の魅力にハマった。3年では課題研究として「ウメリンゴジャム」作りにチャレンジ。試行錯誤を繰り返し、全国農業高校収穫祭に出品した。高校3年間のさまざまな体験で感じたことを率直につづり、「将来の夢はカフェを開くこと。3年間で得た知識や技術を生かし、地域の人たちの笑顔があふれる場所をつくりたい」と熱い思いをつづった。

「いつかは地元の田辺でカフェを開きたい。地元の農家さんがつくった農産物を材料に加工品も作ってみたい。祖父母も後継者不足を心配しているので、多くの人に農業の魅力を知ってもらいたい」と話した。

写真=ハウスでミニトマトを栽培する大藪さん㊤と、仲間と作ったジャムを手に山本さん

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る