歌枕の発祥「岩代の結び松」

 11月は有間皇子の命日月であった。顕彰団体、東山の森Arkが毎年、周知イベント「有間皇子ことはじめ展」を開いている。いつも新たな知識を得ることができているが、今年は令和元年ということで、新元号の典拠となった万葉集に関する講演会が開かれた◆全国万葉協会幹事、馬場吉久氏の講演で今回新たに知ったのは、「岩代の結び松は『歌枕』の発祥で、日本の文学史上重要」ということ。「歌枕」とは名所を詠み込んだ和歌で、歴史的な背景や物語などを踏まえ味わい深く鑑賞できる。万葉集に有間皇子の歌として収められているのは2首。「磐代(いわしろ)の浜松が枝を引き結ぶ真幸くあらばまた帰りみむ」「家にあれば笥(け)に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る」。筆者が先に知ったのは「家にあれば」の方だった。旅の枕詞「草枕」が使われている歌の例として知り、野外の食事を楽しむのんきな旅の歌だとばかり思っていた。刑死を目前に護送中に詠まれた、19歳の少年・有間皇子の歌だとは知らなかった。「岩代の」の方は、哀切な思いが一層はっきりと詠まれている。岩代のこの浜辺の松の枝を引き結んでいこう。幸いにも生きながらえることができたなら、また帰りにこれを見ることができるだろう。しかしこの願いが叶うことはなかった◆この哀切な歌は有名歌人の心をも動かしたようで、柿本人麻呂も山上憶良も皇子の悲劇を念頭に「岩代の結び松」を詠んでいるという。それが「歌枕」の発祥となった。その事実は日高地方のみならず、当県の財産といっていい◆当日は和歌山南陵高の生徒も校外学習で参加。子を思う親の心を詠んだ山上憶良の歌を馬場さんから教わっていた。年齢の近い悲劇の皇子の存在を、心の隅にでもとどめてくれればと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る