林さんの短編小説2作 文芸祭で入賞

 総合進学塾、英数スタディー(御坊市藤田町藤井)で小論文、現代文、英語などの講師を務める傍ら小説を執筆している林晋作さん(45)=御坊市野口=が、第13回島崎藤村記念文芸祭と第46回明石市文芸祭にダブルで佳作入賞した。

 いずれも江戸時代を舞台とした短編小説で、島崎藤村文芸祭は「まわりもん」。一文銭を主人公としたユニークな視点で書いた。「わては、いわゆる何やらのまわりもんいうやつです」と大坂弁のとぼけた語り口。病気の母の面倒を見る幼い男の子に拾われ、穴にひもを通して首に掛け、大事にされていたが、ある日「母ちゃんの病気が治りますように」との必死の願いを込められて賽銭箱に。その後、賽銭泥棒に盗られ、料理茶屋で使われ、年月が経つに連れて数え切れない人の手を渡り、裕福な商人の手に渡ろうとしたが「貧乏くさい釣り銭はいらん」と断られる。その商人の目を見ると、まぎれもなくあの坊やだったが…。

 明石市文化祭は「雪だるまに想ふ」。病で寝ている老人、元蔵は庭に積もった雪を見て、父親代わりだった兄、幼なじみ、商いの恩人と、これまでの人生で世話になってきた亡き人達を次々に雪だるまに作っていく。ずらりと並んだ雪だるまは冬日を浴びながら「おまえも早よこっちへ来い」と言っているように見える…。

 林さんはこれまで長塚節文学賞佳作、北九州市文学賞特別賞等の実績があり、俳句等でも入賞を重ねている。島崎藤村文芸祭では、昨年は1席を獲得していた。仕事の傍ら、毎日執筆しており、書かずにいるとストレスがたまるほどだという。

 「この夏は他の賞に応募した作品が最終選考で落とされ、無念さが残る中、今回の結果は執筆を継続している証になったと思います。限りある時間を大切にし、引き続き、継続あるのみです」と今後への決意を話している。

写真=佳作入賞の原稿を手に林さん

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る