日高中津分校で政治家の出前授業

 日高川町の日高中津分校(池田尚弘校長)で12日、和歌山若手政治家の会(小西政宏会長)の公開出前授業「若手政治家と学ぶ主権者教育」が行われ、1年生から3年生までの56人が模擬投票などを通じて選挙で政治家を選ぶ重要性、政治参画の大切さを学んだ。

 橋本市議の小西会長(32)をはじめ、新宮市、和歌山市、上富田町、かつらぎ町、有田川町の各市町で議会議員として活躍している27歳から36歳までの政治家8人が先生役。生徒たちは「最低賃金を1000円に引き上げ」「子ども1人出産につき100万円支給」「教育改革―個別対応、宿題なし、定期テストなし、校則なし、担任制なし―」をそれぞれ訴える3候補の演説を聴いたうえで質問、グループワークを行い、実際に政治家を選ぶ模擬投票を行った。グループワークでは各候補者の公約の問題点を指摘し合うなどして真面目に投票先を決め、投票用紙に思い思いの名前を書いて「清き一票」を体験した。

 最初に政治家の自己紹介や質問受け付けがあり、政治家を志望した動機や各市町の議員報酬額を教えてもらった。異色の経歴を持つ政治家もおり、生徒たちは興味津々だった。

 3年生の加勢田清多君は「政治には少し興味があったが、若い政治家と実際に触れ合って政治家のイメージが変わったし、これからは今まで以上に政治を身近に感じられるようになると思う」と熱心に授業を受け、若手政治家の会からは「あなたの未来のためにも、これから生まれてくる子どもたちのためにも、若い世代のあなたが意見を持って投票に行き、希望のある未来をつくってほしい」と締めくくりのあいさつがあった。

写真=3人の候補者を前に投票を体験する生徒

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る