御坊署 特殊詐欺被害防止へ小学生にメッセージ依頼

 高齢者の特殊詐欺被害を防ごうと、御坊署は、子どもたちが注意を呼びかける「ぼく、わたしからのメッセージ」を書き、祖父母や地域のお年寄りに渡してもらう取り組みを始めた。県内では初めて。犯罪手口を紹介する注意喚起に加え、高齢者の子どもや孫世代を含めた幅広い世代に対して、日常的に家族間で連絡を取り合うことを促し、より効果的な広報啓発につなげる。

 トップは御坊市の御坊小学校(弓倉正啓校長・児童339人)に協力を依頼。27日、生活安全刑事課の松本和晃警部補が1年3組を訪ね、児童24人に詐欺について「うそをついて人のお金や物をとること」と説明したうえで、「人のお金や物を取る悪い人がいて、君たちのおじいちゃんやおばあちゃんが狙われています。悪い人にお金をとられないようにお手紙を書いてください。そして、渡して電話の置いているところに張ってもらってください」とお願いした。

 子どもたちは真剣な表情で鉛筆を握り、詐欺の手口や警察の電話番号が書かれた用紙にメッセージを記入。祖父と祖母に宛てて書いた小河原芽愛ちゃん(7)は「しらないひとにだまされないでね」と添えていた。

 今後、日高地方教育長会に協力を要請。御坊署管内(みなべ町を除く日高地方)6市町の27小学校、約3000人に書いてもらう。

 昨年中の全国特殊詐欺認知件数は約1万6500件で被害総額は約364億円。県内では今年10月末までに39件、約6500万円の被害があり、御坊署管内は未発生だが、9月には未遂事件が起きている。

写真=メッセージを書く子どもと松本警部補(御坊小1年3組で)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る