御坊署 特殊詐欺被害防止へ小学生にメッセージ依頼

 高齢者の特殊詐欺被害を防ごうと、御坊署は、子どもたちが注意を呼びかける「ぼく、わたしからのメッセージ」を書き、祖父母や地域のお年寄りに渡してもらう取り組みを始めた。県内では初めて。犯罪手口を紹介する注意喚起に加え、高齢者の子どもや孫世代を含めた幅広い世代に対して、日常的に家族間で連絡を取り合うことを促し、より効果的な広報啓発につなげる。

 トップは御坊市の御坊小学校(弓倉正啓校長・児童339人)に協力を依頼。27日、生活安全刑事課の松本和晃警部補が1年3組を訪ね、児童24人に詐欺について「うそをついて人のお金や物をとること」と説明したうえで、「人のお金や物を取る悪い人がいて、君たちのおじいちゃんやおばあちゃんが狙われています。悪い人にお金をとられないようにお手紙を書いてください。そして、渡して電話の置いているところに張ってもらってください」とお願いした。

 子どもたちは真剣な表情で鉛筆を握り、詐欺の手口や警察の電話番号が書かれた用紙にメッセージを記入。祖父と祖母に宛てて書いた小河原芽愛ちゃん(7)は「しらないひとにだまされないでね」と添えていた。

 今後、日高地方教育長会に協力を要請。御坊署管内(みなべ町を除く日高地方)6市町の27小学校、約3000人に書いてもらう。

 昨年中の全国特殊詐欺認知件数は約1万6500件で被害総額は約364億円。県内では今年10月末までに39件、約6500万円の被害があり、御坊署管内は未発生だが、9月には未遂事件が起きている。

写真=メッセージを書く子どもと松本警部補(御坊小1年3組で)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る