御坊の画廊喫茶で山本さんの絵画展

 御坊市薗の画廊喫茶さぼーるは12月13日まで、山本(旧姓小川)慶子さん(63)=御坊市島出身、愛知県在住=の絵画展を開いている。

 山本さんは夫の武一さん(68)の仕事の関係で、2006年から一昨年まで11年間をシンガポールで過ごした。結婚後に移り住んだ愛知県の公民館講座で水彩画を習っており、シンガポールでは博物館のボランティアをして過ごしながら日本人会の絵画同好会に入会。今回は油絵9点、水彩画3点を展示している。

 色鮮やかな夜景を描いた「チャイナタウンの夜景」、有名なホテル「マリーナベイ・サンズ」、周辺国を旅行して描いたベトナムの王宮、香港の屋台など、現地の空気感を伝えるように生き生きと描かれている。そのほか日本で描いた満開の桜、孫の肖像画、シンガポールから友人たちに送ったクリスマスカードなども展示されており、見ごたえある展示となっている。

 山本さんはシンガポールの日々について「常夏の国。街はいつもにぎやかで、お祭りのようでした。フードコートが充実していて、安くいろいろなものがあるのでよく食べに行きました。伝統料理の薬膳スープで、骨付き肉と野菜で作った『肉骨茶(バクテー)』や日本のものとはどこか違うチキンライスなど、おいしかったですね」と振り返り、「どうぞシンガポールの風を感じてください」と来店を呼びかけている。

 開店時間は午前11時から午後5時まで。定休日は日曜。問い合わせは同店℡0738―22―7261。

写真=シンガポールを描いた作品と山本さん夫妻

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る