御坊の画廊喫茶で山本さんの絵画展

 御坊市薗の画廊喫茶さぼーるは12月13日まで、山本(旧姓小川)慶子さん(63)=御坊市島出身、愛知県在住=の絵画展を開いている。

 山本さんは夫の武一さん(68)の仕事の関係で、2006年から一昨年まで11年間をシンガポールで過ごした。結婚後に移り住んだ愛知県の公民館講座で水彩画を習っており、シンガポールでは博物館のボランティアをして過ごしながら日本人会の絵画同好会に入会。今回は油絵9点、水彩画3点を展示している。

 色鮮やかな夜景を描いた「チャイナタウンの夜景」、有名なホテル「マリーナベイ・サンズ」、周辺国を旅行して描いたベトナムの王宮、香港の屋台など、現地の空気感を伝えるように生き生きと描かれている。そのほか日本で描いた満開の桜、孫の肖像画、シンガポールから友人たちに送ったクリスマスカードなども展示されており、見ごたえある展示となっている。

 山本さんはシンガポールの日々について「常夏の国。街はいつもにぎやかで、お祭りのようでした。フードコートが充実していて、安くいろいろなものがあるのでよく食べに行きました。伝統料理の薬膳スープで、骨付き肉と野菜で作った『肉骨茶(バクテー)』や日本のものとはどこか違うチキンライスなど、おいしかったですね」と振り返り、「どうぞシンガポールの風を感じてください」と来店を呼びかけている。

 開店時間は午前11時から午後5時まで。定休日は日曜。問い合わせは同店℡0738―22―7261。

写真=シンガポールを描いた作品と山本さん夫妻

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る