宮井紀行が17日に御坊でライブ

 美浜町出身のシンガーソングライター宮井紀行さん(42)が17日、御坊市民文化会館大ホールで単独ライブ(午後5時開演)を行う。活動拠点とする鹿児島以外では初の大ホールライブで、幼なじみら地元の支援者でつくる実行委員会が主催。900席のチケットも残りわずかとなり、1年前から準備に奔走してきた委員長の田渕大吾さん(42)、森口真澄さん(42)の同級生2人に話を聞いた。

 宮井さんと田渕さん、森口さんは松原小学校、松洋中学校の同級生。高校は3人ともバラバラになったが、宮井さんが鹿児島の大学時代に結成した「なまず」がストリートからブレイク、メジャーデビューを果たすと、田渕さんは全国各地のライブに駆けつけ、応援を続けてきた。

 森口さんは東京の大学に通っていたころ、なまずのライブに出かけた。メジャーのなまずの宮井さんは現在と違い、うたうことはほとんどなく、「正直、あんまり響かなかった」が、6、7年前、宮井さんのライブを美浜町の喫茶みはるで見た際、衝撃を受けたという。

 宮井さんはなまず解散後、鹿児島に戻ってソロで再スタートを切り、毎年秋にワンマンライブを開催。昨年は2000人を動員、来年1月26日には5000人収容の鹿児島アリーナ単独ライブも決まるなど勢いにのるが、ほとんど活動してこなかった和歌山では「無名に近い」というのは本人も認めるところ。田渕さんらは「メジャー再デビューを目指すなら地元を盛り上げないと」と、御坊市民文化会館のライブを提案。宮井さんは「大ホールはちょっと…」と渋っていたが、地元支援者に背中を押され、今回のライブを決意した。

 今年の全国ツアーは御坊がファイナルとなり、これまで美浜町や日高川町、有田川町、田辺市、串本町など県内各地でライブを開催。田渕さんらは各会場で御坊のチケットを手売りしながら、10月に入ってようやく本格的に動き始めた。

 17日はバックバンドを引き連れ、母校松洋中の吹奏楽部のメンバーや高校生おんぱく部の日高高校生らともステージで共演。最新シングル「焼酎フィーバー」では、鹿児島県酒造組合関係者によるダンスパフォーマンス(和歌山バージョン)も披露される。

 田渕さんと森口さんは「歌もいいけど、鉄板のお母ちゃんネタなどトークも最高に面白く、とにかく熱いのりちゃんのステージ。まだ知らないという方にはぜひ一度生で聴いてほしいし、常連の人も感動の夜になると思います」と話している。

 チケットは前売り3000円、当日3500円。問い合わせは実行委員会の田渕さん(ぬくもり建築工房吾建築内)℡0738―20―5160。

写真=実行委員長の森口さん㊧と田渕さん

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る