宮井紀行が御坊で和歌山初ホールライブ

 美浜町出身のシンガーソングライター宮井紀行が17日、御坊市民文化会館大ホールでライブを行い、満員の観客を前に約20曲を熱唱。デビューから20年間、ともに走り続けてきた地元ファンに感謝を込め、さらなる挑戦と飛躍を誓った。ラストの美浜町のイメージソング「僕の生まれた街へ」では、母校松洋中学校吹奏楽部の生徒たちと共演。笑いと涙と感動で胸いっぱいのステージとなった。

 宮井紀行は1998年、鹿児島の大学時代の友人とフォークデュオ「なまず」を結成し、01年、コロムビアレコードからメジャーデビュー。4年後の解散後は再び鹿児島に戻り、ソロとして再スタートを切り、毎年、全国ツアーを行っている。

 今回のライブは鹿児島以外では初の大ホール単独ライブで、幼なじみの田渕大吾さん、森口真澄さんらふるさとの支援者でつくる和歌山実行委員会が主催。約900の客席は地元日高地方ほか高校時代を過ごした和歌山市、鹿児島などから駆けつけたファンで埋め尽くされた。

 ステージは「青写真」で幕を開け、途中、吉本新喜劇風のミュージカル「ノリゴロウ王国物語」ではライブでは外せない「お母ちゃんネタ」も飛び出し、会場は大笑い。リオパラリンピックのNHKテーマソング最終選考まで残った「見えない勲章」は、高校生おんぱく部の日高高生ら7人の手話に合わせて熱唱した。

 MCではなまず時代から宮井紀行を支え続け、今回の地元ライブ成功を誰よりも望みながら、今年8月、急逝した西川卓也さんに感謝。涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、「ずっと僕の兄であり、父親のような存在だった」天国の“たくやん”への想いを述べた。

 本編ラストの「僕の生まれた街へ」では、現在、松洋中吹奏楽部を指導している中学時代の恩師岡本和広さん(60)の指揮で同部の20人の後輩たちと共演。演奏終了後、3年生の前部長宇戸美優さんから花束が贈られた。

写真=「ありがとうございまーす!」ステージで気合みなぎる宮井紀行

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る