和泉市の尾﨑さん 生島竹雨の屏風を日高別院に寄贈

 大阪府和泉市在住の尾﨑しのぶさん(旧姓・佐藤)が27日、御坊市東町の実家で見つかった生島竹雨(いくしま・ちくう、1898~94)の屏風を同市御坊の日高別院に寄贈した。全長約8㍍、高さ約1・7㍍で、水墨で描かれた山水画。尾﨑さんは「家では保管が大変なので、こうした広いお寺にもらっていただければありがたいです」と話している。日高別院は寺の行事や法要の際、参拝者らに披露したいという。

 竹雨は島根県松江市の生まれで、大正から昭和時代前期にかけて活躍した日本画家。鏑木清方に師事し、版画の平塚運一らとともに「松江絵を語る会」同人として活躍した。

 尾﨑さんの実家は以前、佐藤仏壇店を経営。しのぶさんは結婚して大阪で生活しているが、いまでも御坊には月に2、3回程度帰っているという。屏風は10月に里帰りした際、いまは誰も住んでいない自宅の離れの2階の蔵から木箱に入った状態で見つかった。

 1枚の高さは1・7㍍で、横幅は65㌢あり、全部で12枚となる六曲一双屏風。保存状態もよく、迫力ある山並みがきれいに描かれている。余白に28文字の漢詩が画讃として書かれている。

 歴史に詳しい地元関係者によると、「昔の画人は旅先の民家で絵を描くことがあり、生島竹雨も佐藤さん宅に宿泊して絵を描いたのでは」と話している。

 贈呈式は日高別院で行われ、尾﨑さんから原吉人副輪番に目録を手渡した。尾﨑さんは「これから家で保管しておくのも大変なので、お寺で役立ててください」と話し、原副輪番は「大変貴重な屏風をいただき、とてもありがたい。大切に使わせていただきます」とお礼の言葉を述べた。

写真=屏風を前に左から尾﨑しのぶさん、夫の光茂さん、原副輪番

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る