和泉市の尾﨑さん 生島竹雨の屏風を日高別院に寄贈

 大阪府和泉市在住の尾﨑しのぶさん(旧姓・佐藤)が27日、御坊市東町の実家で見つかった生島竹雨(いくしま・ちくう、1898~94)の屏風を同市御坊の日高別院に寄贈した。全長約8㍍、高さ約1・7㍍で、水墨で描かれた山水画。尾﨑さんは「家では保管が大変なので、こうした広いお寺にもらっていただければありがたいです」と話している。日高別院は寺の行事や法要の際、参拝者らに披露したいという。

 竹雨は島根県松江市の生まれで、大正から昭和時代前期にかけて活躍した日本画家。鏑木清方に師事し、版画の平塚運一らとともに「松江絵を語る会」同人として活躍した。

 尾﨑さんの実家は以前、佐藤仏壇店を経営。しのぶさんは結婚して大阪で生活しているが、いまでも御坊には月に2、3回程度帰っているという。屏風は10月に里帰りした際、いまは誰も住んでいない自宅の離れの2階の蔵から木箱に入った状態で見つかった。

 1枚の高さは1・7㍍で、横幅は65㌢あり、全部で12枚となる六曲一双屏風。保存状態もよく、迫力ある山並みがきれいに描かれている。余白に28文字の漢詩が画讃として書かれている。

 歴史に詳しい地元関係者によると、「昔の画人は旅先の民家で絵を描くことがあり、生島竹雨も佐藤さん宅に宿泊して絵を描いたのでは」と話している。

 贈呈式は日高別院で行われ、尾﨑さんから原吉人副輪番に目録を手渡した。尾﨑さんは「これから家で保管しておくのも大変なので、お寺で役立ててください」と話し、原副輪番は「大変貴重な屏風をいただき、とてもありがたい。大切に使わせていただきます」とお礼の言葉を述べた。

写真=屏風を前に左から尾﨑しのぶさん、夫の光茂さん、原副輪番

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る