南陵の奮闘に興奮

 第98回全国高校サッカー選手権和歌山大会が、17日に閉幕した。和歌山工の優勝に終わったが、初の決勝戦に進出した和歌山南陵があと一歩まで迫った。過去、日高地方のチームが同大会の全国大会に出場したことはない。日高初の快挙が手の届くところまで来たのはまぎれもない事実。終わってから言っても仕方ないが、実際、試合内容は南陵が完全に押していた。決定的なチャンスも何度かあった。決勝戦という独特の雰囲気に緊張もあっただろう。今回の敗戦がチームをさらに強くするだろうと、期待したい。

 ゴールのすぐそばでカメラを構え、戦況を見守った。がむしゃらにゴールを奪おうとを前を向く南陵、堅守ではじき返す和工の戦いは見ごたえたっぷりで、テレビで観戦するよりもはるかにあっという間に時間が過ぎた。ゴールを決められないまま終了のホイッスルを聞いた選手たちはその場に崩れ、泣きじゃくっていた姿が印象に残る。全国大会という明確な目標を持ったから厳しい練習にも耐えてきた、勝ちたいという気持ちが強ければ強いほど、負けたときの悔しさは大きくなる。あふれ出る選手たちの涙がその強い気持ちを表していて、胸にぐっときた。

 結果を出すために努力をするが、結果がすべてではない。そこに至るまでの頑張った過程がアスリートを強くする。南陵だけでなくすべてのチームの選手たちに共通することだ。負けて悔し涙を流す選手はこれからどんな分野でも大きく成長するだろう。何かに懸命に頑張る姿は純粋にかっこいい。40代半ばの筆者も、何かに一生懸命になる、チャレンジすることを忘れてはいけないと、南陵の選手たちにあらためて教えられた。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る