仁坂知事が紀南市町村長と懇談

 県の2020年度新政策に関して仁坂吉伸知事と紀南地方の首長が意見を交換する懇談会が30日、田辺市スポーツパークで開かれた。首長からは河川氾濫等の災害対策で「事業完了までの期間を短縮してほしい」との要望があり、仁坂知事は「できるだけ予算をつけ、ぎりぎりのところで頑張る」と回答した。

 県側は仁坂知事と各部長、振興局長ら、首長側は日高地方以南の17の市町村長らが出席。県が来年度の新政策重点事項を説明し、上富田の奥田誠町長は全国的に相次ぐ台風や大雨による河川氾濫を受け、「富田川は上富田の生馬橋付近の河床が上がっており、8年前の台風12号の雨量なら越水する可能性もある」と危険な現状を指摘。「いまもしゅんせつ工事を進めてくれているが、全体完了までには20年ほどかかると聞いている。来年度以降、できるだけ予算をつけ、その期間を短縮していただけないか」と要望した。

 仁坂知事は、「国の国土強靭化の補助金等を活用しながら一気に進めたいが、なかなかそうもいかない。財政が破綻しないぎりぎりのところで頑張りたい」と理解を求め、河床のしゅんせつは早期の全体事業完了に向け、県事業とは別の市町村事業や民間事業との連携も呼びかけた。

 印南の日裏勝己町長は県水道ビジョンに基づく市町村が行う水道施設の老朽化対策、災害対策の県の支援の説明を求め、県は「各市町村には現状の老朽設備更新のための投資や住民の利用料を精査し、将来的な見通しを立ててほしいとお願いしている。そのうえで単独でやるのがいいのか、広域連携で取り組むのがいいのか、県も一緒に最も効率的な形を考えていきたい」などと答えた。

写真=懇談会の冒頭、あいさつする仁坂知事

関連記事

フォトニュース

  1. それっ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る